ソロ徒花緊急の前に抑えておきたいこと。
f0307067_2155151.jpg

まあ、つっても前情報だと凄い楽そうなんで、攻略も何もないんですけどね。
とわいえ、そんな中でも個人的に抑えておきたいなと思ったことを2点、紹介します。


①掴み抜けを出来るように準備しておく。
深淵飛行形態で行ってくる「掴みからの叩き付け」ですね。
これ気を付けようと思っても、中々完全に防ぐのは難しいです。
他のアームに攻撃している時に横から掴まれたり、
Cパリングで防ごうと思ったら直前に他の攻撃受けてバリア解除→掴み、とか、
ミラージュの終わり際に捕まれたりとか。

f0307067_21563123.jpg

攻撃そのものは分かり易いっちゃ分かり易いんですけど、
なんだかんだコレを「完全に防ぐ」と言うのは机上の空論なのかもしれません。

まあそこで「掴み抜け」しようじゃないか、と言うわけですね。
しかし、これ多くの人が言っていますが、パッドとキーボで全然難易度違うみたいです。
パッドやったことないんで分からないんですけどね。
ただパッドからキーボへ移行したフレ達が「全く抜けられない」と言っていましたので、
明らかに難易度が違うんでしょうね・・。
私も最近まで抜けられませんでした。
そこでいろいろと調べた結果・・・・抜けられるようになりました!!
つっても、割とギリなんすけども。

とりあえず結果から言うと「A」「D」「S」の3キーを連打で抜けられました。
今まで "抜け" は「A」「D」キーの連打。
このタイプの人、多いんでないかな。
私も最初これでやってみたのですけど、全く抜けられませんでした。

そこで1キー増やし3キーにて連打しましたら、なんとか抜けることに成功。
薬指、中指、人差指で1キーずつ担当して連打。
と言っても結構ギリギリでしたので・・。
不意を突かれた場合どうなのか、懸念は残りますが・・・。

これ、方向キーの "種類" が増えたから成功した、ということではないと思うのですが、
ただロックベアで練習すると分かりますけど、キーの数が多い方が格段に抜け易いです。

まあ、とりあえず抜けられない方はお試しあれ!



②Cパリングリングを作る。
こちらはテク職向けの情報・・とは言っても、今更すぎますけどね。
いまさらではあるのですが、なにせソロクエストなので・・・。
死んでも誰も助けてくれませんから、守りは固いに越したことはありません。

・・・というわけで、おさらいも兼ねてこの「テク職必須」と言われるぶっ壊れリング

f0307067_21424047.jpg

「L/テックCパリング」を改めてご紹介致します。

まず、このリングに対し、
「無防備なチャージ中でも一回だけ攻撃を防いでくれる便利なリング」
という認識をしていたら、それは少し大きな間違いです。


このリングへの認識として正しいのは
f0307067_1955925.jpg

「ずっと俺のターン!リング」です。

このリングが登場するまで、基本的なテクの戦い方というのは、
どうしても「敵の攻撃を回避してから、こちらが攻撃する」
というものにならざるを得ませんでした。

距離があれは話は別ですが、
ボス相手の場合などは「距離を縮められるまでに倒す」ということはほぼ不可能です。
至近距離、敵の攻撃圏内にて被弾せず約1秒程のチャージを完了させるには、
敵の攻撃を回避し、次の攻撃が来るまでにチャージを終えてテクを放つ、
という方法を取らざるを得ません。

距離を縮める突進攻撃が強力な敵や、手数の多い敵等は、
攻撃間にテクを差し込む時間が取れない場合も多く・・・。
よく初心者の質問で「チャージする時間が無くて攻撃出来ない」という書き込みも見ました。

そのテク特有の弱点を「攻撃(チャージ)=防御」とすることで根本から解決し、
ボスを一方的に真正面から殴りまくる
という新次元の戦闘を可能にしたのが、このリングです。

つっても限度はあるのですけどね。
ただ兎も角、これがあると無いとでは天地程も差があります。
「便利だよね」のレベルではありません。

とわいえ、まだ使ってない人にしてみるとピンとこないかと思いましたので、
見た目的にも非常に分かり易いと以前から思っていました、
DF【巨躯】にて、サンプル動画を撮ってきました。


どうでしょうか?
広範囲致死威力の巨躯張り手。
リングが無ければ必ず回避してから攻撃に移らねばならないところ、
そもそも攻撃=回避なので、回避行動自体が不要。
攻撃後の隙が少ない相手には、
この「出足の速さ」は非常に大きなアドバンテージになります。

JG受付も0.6秒と長いので、下手にSミラージュで回避するよりこちらの方が安全。
特に薙ぎ払い系のビームに関してはCパリングで無力化するのが非常に有効です。
ビーム系攻撃は一回ヒットすればダメージ判定が無くなりますので、
徒花の薙ぎ払いビーム等も、一度Cパリングで防げば無力化します。

このリングは現状のテク職においてほぼ必須と言えるレベルの、
非常に強力な性能を持っていますので・・作って絶対に損をしないことを保証できます。
是非作ってみて下さい。



それとは別に、よく見かけるPKリング、マッシブリング等の他に、
個人的にオススメなリングをいくつか。

【L/エアリバーサル】
これに限らず、リバーサル系は無くても良いっちゃ良いんですが
逆を言えば付けておいて損をするものでもありません。

特にソロや少人数でのクエスト時、ヘイトを集めた状態でダウンしてしまうと、
起き上がっても視界がほぼ無く、わけが分からずそのまま圧殺される恐れがあります。
ダウンするのも場合によっては良いこともあるのですが、
素早く敵群から脱出できるこのようなリングも有用です。


【L/リバーサルB】
対群戦闘において高い制圧力、PP回復力を保証するリングです。
広範囲にスタンを付与し、かつ衝撃波にはPP回復性があり、
敵の数が多ければ数十という単位でPPを回復出来ます。


【R/リバーサルPPゲイン】
PP回復量が凄まじく、ちょっとしたボーナス回復として嬉しいリング。
吹き飛ばされるということは、ダメージを受けたということであり、
マグが回復しなかった場合は自分で回復せねばなりません。

そんな場合にもPPが無ければ回復出来ませんし、
レスタ自体、PP消費はけして低いわけではないですから、
吹き飛び被弾時、回復のためのPPを必ず保証してくれるこのリングは極めて有用です。


【R/アドレナリン】
シフタを自分でかけられる「法撃職」でこそ真価を発揮するリングかも知れません。
このリングさえつけておけば、
あまり意識せずともシフタ&デバンドを維持することが出来ますし、
Teの強化シフタ・デバンドを継ぎ足しで長時間維持するのにも役立ちます。
自身に掛ける場合はノンチャで十分ですし。

これはあくまで個人的には・・ですけども、
クリティカルやPKリングより、総合的には火力が上がるのではないかと思ってます。
シフタを掛けるのを絶対忘れませんよ、という人にはPKリングでしょうけどもw


とまあ、普通にPKリングやクリティカル、マッシブ、もちろんSミラージュも良いのですが、
こういったリングも試してみると割と面白いかもしれませんよ、という感じです。

L/リバーサルBに関してはピンとこない人も居る気がしましたので、動画用意しました。


結構スタンが範囲・確率共に凄いですが、これでLv12です。
昨今はXHでも雑魚は即蒸発という現状ですが、
これから少数クエストなども増えてくるかもしれませんし、参考までに。
by neko_chair | 2017-02-07 21:59 | Comments(0)