■Nividia Inspectorによる温度管理
タスクバーに表示しておいた、緑色の "<" みたいなアイコンが、
"Nividia Inspector" です。
このソフトウェアは、グラボに対して外部から干渉し、
ゲームの設定限界を超えた画質向上を可能にするソフトです。
早い話、PSOの設定5よりずっと綺麗な映像になります。
ただ、これによる画質向上は超高負荷なので、このPCでその用途には使えません。

が、このソフトの画質向上以外の機能の一つとして、
「グラボの温度を計測する機能」がついていますので、入れておきました。
特に重くもないですので、最初のうち起動させておき、
自分の設定でどのくらい温度が上がるのか確認してみてください。

私の基準ではあるのですが、
アンガや防衛等の負荷が掛かるところで70度前後、
通常痔50度前後にしておけばとりあえず大丈夫だと思います。
ちなみに80度を超えだすとレッドゾーンです。
これが日常的になりますと、寿命が間違いなく削られます。
90度くらいまで上がりだすと、シャットダウンが入ります。
これは熱によるGPU破壊を防ぐための処置で、リミッターのようなものです。
温度は非常に重要なPCの健康バロメーターです。
こまめにチェックし、描画設定が負担を掛けすぎていないか確認してください。

あ、PSO2を起動後にNividia Inspectorを起動させると、
PSO2が落ちる可能性がありますので・・・予め起動しておくと良いと思います。
ウィンドウの"Temperature"という項目がGPU温度です。


■私のPSO2環境設定
そのPCで私がプレイしていた時の描画設定です。参考までにどうぞ!
PSO環境設定の「描画設定1~5」は基本的には調整しませんでした。
仮想フルスクリーン、30or60fps。
シェーダー、テクスチャ解像度は標準。
(特にテクスチャ解像度はあんまりやる意味がありません・・・)
細かいところはゲーム内の設定で調整します。

勿論、簡単に描画設定1~5で調整してもいいんですけど、
大雑把ですし、無駄がでてしまうので個別に設定した方がお勧めです。

PSO内の設定では、表示人数12、PB12、映りこみ1、影3、ですね。
好みで影5でもいいと思います。
そのくらいなら十分稼動すると思います。
アンチエイリアス、ライトシャフト等の描画機能は全てオン。

これで特に問題なく動き続けると思いますが、
GPU温度が70度以上の時が多ければ30フレームにした方がいいと思います。
PCの寿命を考えると、出来れば常に30フレーム推奨ですね・・・。
マガツを何回も・・・って時だけ60とかにするのが利口だと思います。

負荷を落とす一番効果的で、
かつ見た目も操作性も影響を受け難い方法は、FPSを落とすことです。
fps60から30にするだけで、
PCは1秒間に描画しなければならない枚数が半分になります。
劇的な負荷軽減です。
対して、プレイヤーが受ける影響は、
知覚できるか出来ないかというレベルのカクつきと、ロードの長さです。


■PCを設置する環境について
このPCは小型で廃熱機能が貧弱ですし、
内部のスペースがありませんから、兎も角「熱」には細心の注意をして下さい。
特に日向や、ミチミチのスペースにはめ込むように置いたりはしないで下さい。
最低でも両左右に5cm、背部には20cmのスペースを設け、
冷えた空気を十分に取り込める環境を用意してください。

また、馬鹿みたいですけど、
PCのケースを外し、扇風機で風を直接ぶつける、というのは非常に有効です。
10度はGPU温度が下がります。
夏場はクーラーをかけると尚よろしいと思います!

あと猫が室内にいる場合、PCの上に載りたがります。
このPCは上部に吸気が無いのでいいですが、
結局、猫が近くにいると毛が吸い込まれ、内部のファンなどに絡まってきたり、
放熱フィンにも詰まってきます。
猫が近寄らないところに設置するか、無理ならばこまめな清掃を心掛けてください。


■PCの清掃について
背部の3本のビスを取るとケースを開けられます。
清掃してからお送りしましたので暫くは大丈夫だと思うのですが、
1シーズンに一回は開けて、内部のほこりをエアーダスターで吹き飛ばして下さい。
ほこりが入り込むと空気の流れが悪くなり、廃熱機能が低下します。
またあまりに溜まりすぎると漏電などの可能性も出てきますので、
出来るだけこまめに清掃してください。
PCを長持ちさせるコツです。

エアーダスター、1本同根しようかと思ったんですけど、忘れてました・・・・。
ホームセンターなどで聞けばすぐ案内してくれると思います。


■たこあし配線について
蛸足配線用の電源ケーブルってのが多数ありますけど、
あれらは通して良い限界電圧が決まっています。
それを超えるようですと、電圧が足らない、とゆうような事態になりかねません。

PCに限ったことではないのですが、
特にPCは「電圧が足らない」ということに対してとても弱いです。
起動しないだけならばいいのですが、電源ユニットが壊れたりしますので・・・。
過度の蛸足配線はやめていただいた方が良いと思います。
オーバーしてなくても、
出来ればPC本体の電源だけは元のコンセントから取る等すると、
ちょっと幸せになれるのではないかと。

コンセント
  HーーーーーーーーーーーーーーーーPC本体
  Hーーーーーーーー蛸足コネクターー機器A
            l  l
           機器B 機器C

のような感じに。
壁際等のコンセントは普通、1つに対し差込口が2~3口あると思います。
そのうちの1口をPC本体専用にしてもらえればOKです。
他は蛸足しようが、いくつ機器を繋ごうが構いません。
f0307067_16461252.jpg
久しぶりにガブリといかれました。
けど、案外余裕で生き残っててびっくり。

さて、近々(たぶん)実装されるのではないかと思っているのですが、
XH絶望
に向けてラフォイエの記事を書こうかと思った次第です。
以前「XH防衛ではサフォイエ!」
みたいなことを偉そうに言っておりましたけれども・・・。
あれは 撤回します(ぇ

いや、タリサフォは凄く役に立ちます。
しかしなんだかんだいっても、
ラフォイエさんにはテクを始めてからというもの・・・。
ずっとお世話になりっぱなしなんです。
本当に頭が上がりません。

脳死ラフォしたい!
脳死ラフォしたい!!
脳死ラフォしたい!!!

ゴホンw
まぁなんだ。
言うなればラフォイエとは

始まりにして、終わりのテクニック

と言っても過言では・・・いや、すみません過言でした。
でも思うんですけど、PSO2が始まって以来。
恐らく全テクの中で、最も使われたテクなのではないでしょうか。

そして、これはあくまで個人的に、ですけれども。

最も奥の深いテク

だと思っています。

では本題ですけれども、
ラフォイエというとやっぱり印象的なのは
f0307067_21532332.jpg
その使い易さ。

単発での威力はさほどではありませんが・・・。
マルチロックによる長距離法撃は、
殆ど「敵の視認」すら破棄させる程。

そしてフォイエ系特有の 高速詠唱による連射。
さらに 範囲攻撃。
それを支える低消費PP。
低消費PP、という程ではないかもしれませんが、
PPコンバート6振りでも十分に連射可能ですし、
性能に対しての消費PPとしては本当にコスパが良いと思います。

一般的なイメージとしても
初心者でも楽に扱える、とても使い勝手の良いテク
という感じなのではないでしょうか。

これがラフォイエさんの 表の姿。

?!

だが 裏の姿として・・・。
ただでさえ使い易い、上記の性能に加え・・・。
f0307067_16303766.jpg
無限射程の範囲攻撃
という言葉だけ聞くとチートくささ全開な特性があります。
これが本当に 強烈無比。

つまり腕次第では至近距離~超遠距離(無限)という・・・。
早い話、障害物さえなければ
MAP全域を即座に爆撃可能。
ということなんですね。

対ボスにおいては、やはり近距離火力系のテクが有用だったりしますが・・・。
しかしながらそんな中にあっても、その使い易さは発揮されます。

いや、ラフォ以外も座標系テクはほぼ全てそうですが
f0307067_16362510.jpg
一旦ロックしてしまえば、
f0307067_16364115.jpg
余程の遠距離までいかなければ外れませんので・・・。
あとは回避に気をつけつつ攻撃し続けるだけですし、
特に急ぎでないならば楽この上ないですよね。

これぞまさに
ずっと俺のターン!!

案外、下手に近距離テクで玄人っぽく攻撃するより、
こんなんが早かったりするもんですwww

これ、DPS云々はさておき、
近接の方は純粋に羨ましいんじゃないでしょうか??

私なぞは近接のセンスがないので、至近距離になると訳がわからず・・・。
近接の奴らはよくあんな動けるなぁと、いつも感心しています。


さて、ロックも良いですが、逆に「TPSで狙う」というのも使えます。
特に防衛などでよく経験するんですが、
ちょっと離れたところにいるビブやラグネ。

「攻撃したいんだけど、わざわざ移動するのもなぁ・・・。
 こっち雑魚沸きそうだし・・・」

そんな状況、結構ありますけど、
日頃から慣れておけば、即時TPSに切り替え・・。
f0307067_1639460.jpg
その場から離れず、しかししっかりと削りを入れることが出来ます。

また、防衛に限らずですが、
容易に弱点ロック出来るような状況なら良いのですが・・・。
実際の戦闘ではそんなにスムーズにいくとは限りません。
他の部位にばかりマーカーが・・・ってことも多々あります。
時には雑魚にも。

しかしTPSで当てることに慣れておけば

どのような状況でも・・・は言いすぎですけども、
マーカーが上手く付かないことにイライラすることも無く、
好きなだけ弱点に集中砲火を浴びせる ことが出来ます!

でも・・うん・・・まぁ・・・録画してて思ったんですけど、
なんか疲れるし、普通に弱点ロックでいっかな・・・と・・・。

とっ、ともかく!

一見、初心者向けのお気軽、高性能なテク。
けれども、極めれば極める程に高いポテンシャルを発揮するテク。

私にとってラフォイエさんはそんなテクニックだったりします^ω^
以前書いた5s装備製作記事の画像なんですが、
見ても見なくてもいいけども、大体作り方としては同じです。
文章だけ見て、イマイチピンと来なかったら見てみてください。
f0307067_9183659.jpg
これのラグネがヴォルソに、テクがパワーに変わっただけだと思います。

まず用意するのは以下の素材(1部位分)

【本体5s穴あけ済み】
【パワー3・ごみx4】
【スタミナ3・ごみx4】
【ヴォルソール・ごみx4】x4
【スピリタ3・ごみx4】
【ヴァーダーソール・ごみx4】


ヴォルソ1個と、ヴァーダーの素材は触媒用です。

-----------------------------------------------------------

※復習
ソールには必ず "触媒効果" が付いていて、
なんらかの能力の継承率を上げることが出来ます。
今回、ヴォルはパワー3&スタミナ3の触媒効果のために。
ヴァーダーはスピリタの触媒効果のために各1つづつ用意しました。

触媒用ソールは使い捨てのため、
安くて同様の触媒効果が得られるソールが他にあれば他のものでも良いですし、
例えばヴァーダーよりスピリタ3の方が安いようなら、
そもそも触媒ソールを使わずとも、スピリタ3を2個使った方が良いです。

また "ごみ" と書かれているものはアーム1等の単体継承100%のものです。
安いからと言って適当に買うと、継承率の低い能力が並んでしまうので気をつけて下さい。


-----------------------------------------------------------

では作り方に入ります。
ただ基本的には、4sの時と殆ど変わりません。

まず本体を5sにします。
その本体に以下の素材を合成します。

【パワー3・ごみx4】
【スタミナ3・ごみx4】
【ヴォルソール・ごみx4】
 合成成功率+20%


パワー3、スタミナ3の単体継承率は60%ですけど、
ヴォルソールの触媒効果で各80%まで上がります。
成功率+20%を使用し、100%x5で合成します。

この時点で、本体は
【パワー3・スタミナ3・ごみx3】
になっているはずです。

次に本体に以下の素材を合成します。

【ヴォルソール・ごみx4】
【ヴォルソール・ごみx4】
【ヴォルソール・ごみx4】
【スピリタ3・ごみx4】
【ヴァーダーソール・ごみx4】
 合成成功率+20%
 スタミナ・ブースト


本体に付いているパワー3・スタミナ3の継承率はヴォルソ触媒効果で80%、
スピリタはヴァーダーの触媒効果で80%になります。
これで、成功率100%x5で
【ヴォルソ・パワー3・スタミナ3・スピリタ3・スタブ】
になるはずです。

防具も武器も、特別な構成を除いて5s以降は殆ど変わりません。
例として私の場合でも、
5s⇒7sで変わったステは、HP60、法撃60、技量+5。
1つあたりの能力で増える数値が、
大体5sまでのものと比べると半分くらいになってしまうんです。
ミューテーション:ステ+10、HP+10みたいな感じなので・・・。
それに対し、費用は10倍以上かかります。
とても見合ってませんし、意味もありません。
まさに趣味の世界。
逆に言えば "5s装備=ほぼ最高の装備" と言っても過言ではないと思います。

お金は十分あるみたいですし・・・・それでは、がんばって下さい!w




※あとがき ~次の多スロ装備製作に向けて~

多スロ合成において重要なことの一つに、
「素材を予め探しておく」ということがあります。
今回の合成式は本当に、全く「前準備無しの場合」の話で。

たとえば【スピリタ3・ヴァーダー・ごみx3】のような素材を用意しておければ、
最後の合成で使った
【スピリタ3・ごみx4】【ヴァーダーソール・ごみx4】
の2素材を1素材で済ませることが出来ます。

あんまり意味がなさそうですけど、
5つ合成を4つ合成に抑えられることで、ドゥモニの合成費用が格段に落ちます。
レアリティにもよるんですが、
昨今の武防具だと、4つ合成で50万、5つ合成で1Mくらいかかります。
1パーツ50万くらいは浮く計算になります。

私の場合、7sとかでも穴あけの後の合成は一回だけで済むことが殆どです。

本体7s(フログフィーバー付き)
【ラグネ・テク3・ごみx5】
【ラグネ・ミューテ・スタミナ3・ごみx4】
【ラグネ・スピリタ3・ごみx5】
【ヴァーダー・ミューテ・ごみx5】
【ミューテ・ごみx6】
テクニック・ブースト
合成成功率+20%

こんな感じです。
(フログは100%継承なので、4sとかの時点で入れて7sまで持ち越してきます)
こまめにビシフォンを覗いていれば、このような素材は案外、簡単に見付かります。
特に5sとかならば尚更。
合成の回数が減れば、それだけ工賃も落ちますし、
触媒用の使い捨てソールも少なく済みます。

なので、近々合成の予定がある場合には、なるべくビシフォンを確認し、
特に自分の使うステ能力に対して触媒効果があるソール・・・。
例えば【パワー3・ヴァーダーソール・ごみx3】とか。
こういった素材を買い集めておくと後々幸せになれると思います。

今回の合成にしても、2回の合成で完成となりましたけども、
【本体5s】
【パワー3・ごみx4】
【ヴォルソ・スピリタ3・ごみx3】
【ヴァーダー・スタミナ3・ごみx3】
【ヴォルソ・ごみx4】
【ヴォルソ・ごみx4】
このような合成が出来れば、合成が一回で済みますから、
成功率+20%も一個で済みますし、ドゥモニの工賃も少なくて済みます。
合成一回目で使い捨てにした【ヴォルソ・ごみx4】も買う必要がありません。

たしかに、こういった便利な素材は少し高めな設定になっています。
けど、色々なことを考えると価格以上にお得なことも多々あります。
是非有効活用してみてください!
侵入といえば・・・SH侵入実装当初はテクは本当に不遇で、
掲示板などでは「テクは侵入にくるな」と散々言われていました。
でも私はテクしかやってないので、遠慮なく行きましたがwww

とはいえ、全く役に立たないのでしたらさすがに私も遠慮しますので・・・。
それなりの仕事が出来ているとは思っていましたけれども。

さて、では約1年越しの、今回の XH侵入実装。
因縁渦巻く中・・・テクは何が出来るのでしょうか。

まぁ

私は初日、早速切断されたのですが・・・・。
その際にはご迷惑お掛けしました・・・w

昨日はキチンとプレイすることが出来ましたし、
また★10も 2日間で3つ程もGetすることが出来ましたので、
結論としては

やる価値ないな

と思いました・・・。
けどそれはあくまでレアドロ的な意味合いで。
難易度とか面白さ的には、中々アリなのかな?とも。

兎も角、初日思ったのは

f0307067_1344299.jpg

PP足んねえwww

という感想。
これは防衛【襲来】でもそうですけど、
兎も角PPが足りなくなりました・・・。
一応160前後は確保してるんですけれども。

ただ2日目に入り、PPにも結構余裕が。
それはある程度PPコンバートやケートスPの
使いどころ、溜めどころが把握できてきた、というのが大きいですね。
また敵の沸きどころ、火力の突っ込みどころetc...

実際最後の侵入戦では、あまりPPにも困りませんでした。
もちろん、それなりのPP節約は意識していますが。

私の場合、侵入でも基本となるテクは、
ラグランツ=サフォイエ>>ラフォイエ

です。
やっぱりラフォイエマンだとPPがしんどいですからね!

タリゾンからのサフォイエ、ラグランツ連打は
f0307067_11354429.jpg
PPの消費もさることながら
f0307067_1136040.jpg
それを補って余りある、非常に強烈な火力を発揮します。

ただそこで問題になってくるのが
f0307067_11375747.jpg

ヘイトです・・・。

タリゾンからこういった近距離系のテクを連打すると
f0307067_1139874.jpg
高確率で敵群が一心不乱に向かってきますので・・。

反撃に耐えきるHP、いなすPS。
その上でさらに殲滅する火力、その全てが必要になってきます。

イスラエルの戦車兵が仰っていましたが
「機動性が高ければ砲弾に当たらない、というのは幻想」とのこと。

そして戦車兵が乗りたい戦車台1位はイギリスの"チャレンジャー"だそうです。
その理由は非常に堅牢な装甲に依る、高い搭乗員生存率なんだとか。

まぁそれはさておき。

わたしもこれだけHPを盛っているのですが、
1回の侵入で何度も死ぬ一歩手前までいっています・・・・。
f0307067_11495176.jpg
昨日は死にました^ν^

敵群の反撃ではなく、
なんかしりませんけど、背後からラグネブーメラン3連発を受けてしまい・・・。
通りすがりにちょっと小突いただけだったんですけど、
あれでヘイトもらってたんでしょうか・・。
でもフロンちゃんが即座に復活させてくれてうひうひww


までの防衛ですと、
遠距離が先制攻撃し、生き残ってきた敵も近接が確実に処理するため、
殆ど一方的な殲滅戦であり・・・。
反撃を受ける機会などほぼありえませんでした。

それはXH防衛【襲来】も似たようなもので、
【襲来】は敵出現のワンパターン化が著しいのもあり、
結局のところ一方的な殲滅戦の様相となっていました。

だけれども、
今回の【侵入】では敵出現位置そのものはパターン化していても
f0307067_1151448.jpg

壁がどうにも壊されますので・・・。
f0307067_1152298.jpg
敵出現位置の拡大が防げません。

出現位置が広がると、見方も散開してきますので、
場合によっては一人で敵群処理をしなければならない場面が増えてきましたね。

【襲来】wave4のような、皆で迎え撃ち飽和火力で叩き潰す・・・。
というようなことは出来なくなりつつあります。


話は少し戻り、ラフォイエですが・・・。
私の使いどころとしては、その多くが
f0307067_11552779.jpg
壁、もしくは塔からの敵引き剥がしですね。
無限射程と爆発範囲を利用してのヘイト確保、引っ張り。

ただ場合によっては邪魔になることもあるので注意ですね・・・・状況を良く見て。
でも現状では敵殲滅数を稼ぐとかまで、考慮するような段階ではありません。
塔、壁が壊されるくらいなら、
積極的に剥がした方が良いのではないかと思います。

たとえ壁際や塔周辺に多少の防衛が居たとしても、
その人たちの火力が高ければ、
こちらが攻撃してもヘイトはなかなか移りませんし、
逆に狙撃のラフォイエ程度でこちらに来るということは、
人が殆どいないか、居たとしてもスムーズに殲滅できる程の火力は期待出来ません。
ならばこちらに引っ張って処理した方が良いのではと考えています。

兎も角

レアドロがしょぼい

倒しきれない、周回数が稼げないことから

経験地もしょぼい

・・・・。

でも戦闘そのものは極限戦闘って感じで面白いところもありますね!!
防衛というとやっぱり活躍するのが

ラフォイエ

ですね。
ここまで高いバランスで威力、範囲、使い易さを揃えているテクは、
他に無いといっても過言ではないと思います。

マルチロック(近~中距離)レンジでの使い易さは勿論ですが、
ロック不可の遠距離でも
f0307067_1251110.jpg
肩越しならば案外普通に当たります。

むしろ見えなくても、
マップでの位置確認と敵行動パターンが程度予測出来れば
f0307067_1205765.jpg
意外なくらいヒットします。
これは敵への直撃だけではなくて、地形ヒットからの爆発ダメが多々あります。


この 爆発巻き込みが非常に強力なことから、
ラフォは狙撃特性のテクとしても最高クラスの性能です。

・・・・なのですが、防衛(襲来)もXHまで来ると、敵の硬さが凄まじく。
マルチロックでた~だラフォイエを撃ちまくる、
いわゆる ラフォイエマンとして生きるのがキツくなってきました。

私は玄人向けなテクが大好きなんですけど、
脳死的なテクも大好きだったりします。
あの何も考えずに撃ちまくるのがストレス解消になりますね!

脳死ラフォしたい!
脳死ラフォしたい!!
脳死ラフォしたい!!!

けどもPPに気を配らなければどうにもならないこともあります・・・・。
そういうわけで、少し燃費を考えねばと思いメインに据えたのが

タリスサフォイエ

です!
いや、いたって普通なんですけど、まぁいいじゃないですか!
ネタもないことですし!

しかしこれがなかなか
f0307067_22274916.jpg
いい具合に火力がでますね!
とはいえTe上げ中なんで、
ダメージの数字見るとやっぱりパッとしないんですけどね!?

f0307067_22275727.jpg
ゾンディとの相性も

本当、意外とって程度なんですけど、
範囲が広いので、一旦集まればゾンディが終わってもヒットしたりします。

というわけで、普段はSH襲来なので気付かなかったんですけども。
テク職も、XHにもなって脳死プレイでは限界が見えつつあるのかなぁ・・・。
などと思ったりしました。


全く別件ですけども。
オリカのクラフトマシーンが酷使しすぎて使い物にならないということで
f0307067_139383.jpg
クラフターの椛ちゃんを紹介していただきました。

途中でメセタが尽き・・・・。
いや間違って違う素材購入しちゃっただけなんですけどもね・・・。
なんと強化を頼んだ椛ちゃんがお金を貸してくれまして・・・(ぉ
ご迷惑をばら撒きつつ、恥を晒しつつも^ν^
無事完成に漕ぎ着けきました。

ありがとう、そしてありがとう!

f0307067_1432184.jpg
エクステンドレベル10。HP特化。

HP

f0307067_1545046.jpg
1370・・・!

ガッツドリンク+デバンドタフネス時

f0307067_155094.jpg
2055・・・!!

私はキャストなんですが・・・。

種族/キャスト
機械によって構成された屈強な身体を持ち、継戦性に優れた種族。
その身体は堅固な機械によるもので、
近接戦闘や射撃戦において高いポテンシャルを発揮する。
反面、フォトンの扱いは苦手。


ようやく種族/キャストの紹介文に恥じないキャストになれたのかな、と思います。


SHウーダンの攻撃
f0307067_154843.jpg


f0307067_1551077.jpg
さすがキャストだ、何ともないぜ!ww
確認済みの方も多いのではないかと存じますが・・・。
異様な高価格になっている髪型・・・。

シャープアナザーロング


f0307067_15311376.jpg
購入してみましたよ!

スクラッチ品紹介記事のアクセス数など見てみますと、
やはり 試着が可能になった というのが大きいのか。

以前に比べると格段に少ないアクセス数になっています。
それに伴い、特別、紹介記事は求められていないのかなと判断しましたので、
最近は書かずにいました。

ですが

ここまでの高価格となりますと、一部には必要とする人(購入を悩んでいる人)
もいるかなと思いましたので、紹介させていただきますね。


★フィールド画面
f0307067_15201928.jpg

f0307067_15203321.jpg

f0307067_15214177.jpg

f0307067_15205287.jpg

f0307067_1521040.jpg

カットインもですけど・・・。
本当に前髪はエターナルFレイヤー、後ろ髪はアナザーロングです。

走り姿の髪のたなびき方が良いですね。
後ろ髪はやっぱり、アナザーが一番好きです!
最後が自然にクルッとなってるのがポイント高しっ!


★エステ
f0307067_1524652.jpg

f0307067_15241499.jpg

f0307067_15242177.jpg

f0307067_15242932.jpg

エステ画像があんまりいらないかな、という考えなのですが、
たまになので一応エステ画像も・・・と思いました。


★カットイン
f0307067_15252542.jpg

繰り返しますが、エターナルFレイヤーをお持ちの方。
本当に前エタ、後アナザーで想像してもらえれば、そのまんまです。

私は結構、長身系が好きなので購入してみました。
長身の方には似合うのではないかな、と思いますよ!
明けましておめでとうございます。
今年もアークス活動頑張っていきましょう!!!


さて、福袋スクラッチも出たところでですが・・・。

クエストも良いですが、スクラッチも楽しみなPSO2。

私の場合、スクラッチが更新された時、まずは種族共通服を楽しみます。
勿論、これだけでも普通に楽しめるんですが・・・。
キャス子の場合、人間服に飽きたらパーツをいじり楽しむことが出来ます。

つまり
次のスクラッチまでの半分を人間服で楽しみ。
残り半分をキャストのパーツをいじって楽しむ。

そんな遊び方が出来るのです!

人間の場合、服を見る際、当たり前ですけど「1着の服」で見ます。
キャストの場合はそうでなくて「各パーツ」で見ます。

何故かというと「○○・シリーズ」と銘打ってはあっても、
そのままセットで着ることはまずしないからです。

なので、人間が1着の服を見て「あ~この服いいなあ!」と思うのに対し、
キャストは「頭」「体」「腕」「足」を別々に確認し、
「あ、この腕いいな」とか「この足、エタボディに合いそうやな~」とか・・。
そんな風に見ます。

つまり1度で4度おいしい(違

最近、人間の通常服をキャストが着れるようになり、
キャストのパーツを人間が付けられるようになりましたけども・・・。

キャスト用人間服は、特殊カラー版等が無いだけで、
色変えも出来ますから、ほぼそのまま楽しめます よね。

でも、キャストのパーツセットの、
いわゆる「○○・スタイル」と呼ばれるものは・・・・。
正直、キャストのカスタマイズの面白さを考慮すると、
本当に 1割、2割程度しか 楽しめていません。

そう考えると、ずいぶん不公平 だなって思います。
ま、私はキャス子なので問題ないんですけどね?w
でもせめてサブカラー3は固定色だけど、各部位でパーツをいじれるとか・・。
そうしてあげないと、キャストパーツの良さが殆ど分かりません。
バーニア移動もできませんしねー。



本題なんですけども。
最新のキャス子パーツ「エクレピスト・シリーズ」なんですが・・・・・。
f0307067_8573049.png
これ正直、公式で見てた限りでは全然良いと思いませんでした。
頭はちょっと個性的なので欲しいなと思ってたんですが・・・・。
腕、足はなぁ・・・と。

でも、こないだボディを購入した際、衝撃 を受けたんですね。

ちょっとこれをご覧下さい。
f0307067_964920.jpg
ん?

f0307067_965736.jpg
ちょっ・・・。

えっ?!
これ尻じゃね?!!?


いやいや、完全に予想外 でした。
胸の開き方、下腹部の透過部位は良いなーと思ったんですけど、
まさか尻まで透けてるとは。

ただロビーでは全体的に影が掛かったりライティングの関係で見え難すぎるので、
ここはやはり日々さん宅にて 詳細を確認 しなければ。



^p^




f0307067_9131082.jpg
wwwwwwwwww

これいいのかなwwww
いや~今までもキワドい服ってたくさんありましたけどもねw
ルナプロフェシーとか・・・。

一見普通・・・いや、むしろ硬派なイメージ のキャストパーツに、
こんなヴァーダー級 エロギミック を仕込んでしまうあたり・・・。

本当、チラリズムではやはり 酒井Pには適わないなぁ と思いました。

あ、チラなのかなこれ・・・・まぁいっか!(カリン風


というか、この "透けセンス(?!" とでも言うのでしょうか?
毎度の事ながら、こと「透け」に関しては本当に 脱帽 です。
尋常ならざるこだわりを感じますね。

それと同時に、もう一つ。
私がこの透け尻について「凄いな・・・」と思ったのは、
「ただ普通に透けているだけではない」ということです。

何を言っているんだこいつは・・・。
そう思った方も多いでしょう。

しかしまずSSの尻を見て「あれ?なんか普通と違くね?」と、
思った人もいるのではないかと思うのですが・・・。
f0307067_9381466.jpg
普通の尻よりも、なんか 潰れた感じ になっているんです。

これは一体全体、どういうことなのか?!

では、ちょっと説明させて頂きますね。

同じ「透け」でも、ピオニア・ボディの胸部の「透け」の場合・・・。
f0307067_924341.jpg
見て解る通り、おっ○いに対し、透過部位が密着していません。
胸部透過部位の内部には十分な "空間的ゆとり" があるのが分かります。
エステで横からみると解り易いですね。
f0307067_9291243.jpg
・・・・ご理解頂けたでしょうか?


それに対し、今回のエクレピスト・ボディの場合・・・。

内部の「尻」に対し
f0307067_929575.jpg
一目瞭然、隙間など殆どありません。

真横から見ても
f0307067_9294360.jpg
このように、透過部位が密着しているんです。

密着というより、むしろ圧迫というか・・・。
無理やり、キャストのボディに生身の人間を押し込めたようなピッチリ感。

つまり、どういうことかと申しますと・・・。

ただ透けているだけではなく、
内部の尻がピッチリな様子を
しっかりと表現しているんですね!!!


素晴らしい。
本当に素晴らしい。

あ、いや私、別にそういった方向の趣味は無いんですけども・・・。
ただこのこだわりには感動致しました!

これからも是非 エロ衣装 をドンドン増やしてほしいですね!!!

いやしかし、スマホが復帰しないせいで、みんなで初詣も出来ませんでした。
ヒマだったんでこんな記事を書いてしまいましたが・・・・。
新年最初の記事がコレというのも・・・。

全くもって本望ですね!