こんにちは、マナ様です。

ずいぶん前に話題になっていた PP回復J&Eマグ なのですが・・・。

f0307067_958545.jpg
※私の希望するマグを画像合成で作りました!

実際作っている人って大分少ないのでは、と思います。

うちのチームでも1人もいません(私の知る限り)
それもそのはず・・・・。
これの作成には キューブが3000個以上 必要であり、
おいそれと「欲しいから作ろう」とはいかないレベルのものなのですね。
(※ステ特化しなくて良いならキューブ要らずですぐ作れます)

しかし・・とは言っても、何千個も溜まるキューブをただ寝かせておくのもどうなんだ?
と思いましたので、今回PP回復マグを作ってみました。

で、取り急ぎの感想としては・・・。
別に無くてもいいかなぁ・・・という感じでした(苦

先程の終焉で動画を撮って来ましたので、
興味のある方、作成を考えている方は参考にして頂ければと思います。

ステが落ち込んでいる分PBが溜まり難いかと思いましたので、ツリーで補強。
私基準ではありますが、大体普段通りの溜まり具合になっているのではと思います。

⇩動画中でPBの溜まったタイミング
PB1回目 00:10-(PP回復E起動)
PB2回目 04:38-(クールダウン中不発)
PB3回目 07:10-(PP回復E起動)
PB4回目 10:40-(クールダウン中不発)


以下細かい感想。

■PP回復が純粋にプラスになる場面は皆無に近い。
いや、思ったのはですね、Fo/Teの場合・・PPリストレイト&PPコンバートという、
非常に強力なPP回復手段を持っていて、さらにケートスの回復も最大限利用できます。
正直それだけでPPは殆ど尽きることが無いんですよね。

結局、PP回復Eがある分、完全なプラスなのかと言うとそうではなくて、
PP回復Eで回復している間はPPコンバートは使わないわけです。
これは「温存」とも言えますが、同時に「待機ロス」でもあります。
PPコンバートを「待たせている」ことになりますので。

例えば防衛にしても「wave最後の1波」でPP回復Eが入った場合、
PPコンバートを温存するのが良いのかというと、必ずしもそうではなくて、
まず先にPPコンバートを使ってしまった方が良い場合の方が多いです。

インターバルに加え、次waveではケートスも使えます。
そうなればPPコンバートはリキャストが済んでいる可能性が高いので。
そういったPP回復の組み立ても含めた上で考えると、
PP回復Eが果たしてどこまで有効に働いているのかは・・・。
甚だ疑問だな・・・と思わざるを得ません。

動画でも1回目の時はすぐにインターバルに入り、しかもPPコンバートはストック済み。
2回目のPP回復E時もPPコンバートがストックされる直前であり、
PP回復Eが無くとも、ケートス⇒PPコンバの連結で十分なPPが確保出来たと思われます。
そもそもwave5は普段AISに乗ってます。


■タイミングによっては完全に無駄
当たり前なんですが、防衛にしてもマルチにしても、
「回復しても全く意味が無い状況」でPP回復が入っても、無駄です。
例えば、防衛のwaveが終わった時や、ADVで敵の沸きがひと段落付いた時。
こんな時に起動されても全く意味がありません。

PP回復Eの起動をある程度コントロールすること自体は可能だと思われますが、
PvPでもない、クリア出来て当たり前の緊急でそこまでする必要性がありません。

ついでに「PP回復J」も起動しているはずなので、
探したのですが・・・見つかりませんでした。
恐らくPPフルの状態で入ったので気づかなかったのではないかと思います。


■クールダウンの時間が思いのほか重い。
実際のところ一番残念だったのはこれです。
結局のところクールダウンの時間があるため、早くPBを溜めても意味がありません。
当初、クールダウンのことを考えて無かったもので、
バーストに使えるのではとも思ったのですが、全くと言っていいほど意味が無さそうです。


上記のようなことを総合的に考えると、
私にとって予想以上に対費用効果の薄いシロモノだということが分かりました。

実際、終焉を例にとると・・。
wave5でAISに乗ることの多い私の場合、
wave2かwave3で最初のPP回復Eが起動し、それ以降はもうPP回復Eは入らないでしょう。
クールダウンが終わる頃(wave5)にはAISに乗ってますし、
wave6に入れば、wave5でゆっくりリキャストを終えたPPコンバートが待機。
PPには困る要素がありません。

ただ、繰り返しますが、それらはあくまで「私の構成」「私の戦闘スタイル」の場合。
普段からPPが枯渇して困る。少しでもPPがほしい・・という人ならば勿論アリだと思います。
面倒臭がらず、マグを持ち替えたりして調整する人ならば、最大限効果を発揮できますし、
十分検討する価値があると思います。
(特化ステする場合)対費用効果としてはあまりに薄い・・とは思いますが、
通常の特化マグより幾分マシかな、とも思います。
ただやっぱり効果を考えると "キューブが有り余ってる人"が前提かな、とは思いますけども。

とはいえ、結局はあくまで私が、私の好きなように、
なんの工夫もなく普通のマグのように使ってみた感想でしかありません。
それらをお忘れなきよう、
よろしくお願いすると共に、なんらかの参考にでもなればな・・と思った次第です。
さて・・・来る来月・・・。
アークスの皆さんが待ちに待った 弱体期間 がまいります。

と、その前に・・・新しく始めたユーザーの皆さんの中には、弱体期間って何??
という人もいるのではないでしょうか。

そもそも何が弱体するの?
ということなのですが・・「モニカ」と「ドゥドゥ」です。

PSO2では、3月、6月、9月、12月に「確定」では無いのですが、
合成、強化成功率にボーナスが付く期間が設けられているんです。
その結果、普段手厳しいドゥモニが甘くなる⇒ドゥモニの弱体化。
ということで・・通称「弱体期間」と呼ばれているのですね。



今回、そんな弱体期間に向け、
初心者アークスにとって鬼門とも言えるコンテンツ・・・。
特殊能力合成
について、お話ししたいと思います。

まず最初に・・能力合成というと、やたら難しいイメージがありますね。
ですが、やってることは単なる足し算のようなもので至極単純です。

「でもスロ数が増えたら難しいでしょ?」

と思うかもしれませんが、2スロだろうが、8スロだろうが全く同じです。
2スロ、3スロの合成が理解できれば、7スロでも8スロでも容易に解ります。

1+2、という "足し算" が出来る人ならば、
同じ "足し算" である限り、幾つ増えようが計算出来ますよね?
全く同じで、単にスロットの数が増えれば材料が増えたりするだけ。
最初の内は、7スロ、8スロの武器を見ると「凄いなあ!」と思うかもしれません。
しかしそれは「知らないから」凄く見えるだけ。
実際には、何も凄くはないのです!


では具体的に、作り方を説明していきますね。
作り方の大まかな流れは、以下の通り。

①本体に穴(スロット)を必要な分空ける。
②能力素材を用意し、スロットに能力を詰める。

簡単ですよね?
では、以下細かい説明に入ります。


1.本体に穴(スロット)を必要な分空ける。
まずは能力を付けたい武器を用意します。
ビシフォンで購入する場合には、
お財布と相談しつつ・・なるべくスロット数の多いものを購入しましょう。

今回は
f0307067_20494169.jpg
この "4スロ サルスパニッシャー" を購入しました。
以降、このサルパニを「本体」と呼びます。

で、まず本体を "ロック" してください。
寝ぼけて素材側で使用してしまい、消失してしまうイージーミスもあります。
"ロック" しておけばそういったことは起こりえませんから。

次に「穴空け用の素材」を買います。
素材の武器種はなんでも構いませんが・・・。
「本体以上のスロット数」が無いと、素材として使えません。
また、合成に際してはどんな素材でも良いので「最低2つ」用意すること。
1つだけですと、成功率がガクッと落ちてしまいます。

というわけで、以下の2点を購入。
f0307067_20525976.jpg
f0307067_2053766.jpg
この時の素材選びのコツなのですが、
出来る限り "パワーⅠ" や "アームⅠ" のように、継承率が高い能力が付いたものを探すこと。
そうでないと穴空けの時、成功率が著しく低下してしまいます。

では、これらを本体に合わせスロットを拡張します。

f0307067_2059426.jpg
⇧のようにEXスロットを使わない(拡張前)時点で、
合成成功率が100%になっている能力のみ拡張時に使います。
それでも成功率60%x5・・・これでは到底、拡張は成功しません。
こういう時はおとなしく「能力追加成功率+30%」 を使用します。
           
f0307067_218531.jpg
90%x5 になりました。
90%でも落ちたりするのですが、2回に1回は拡張成功する計算。
・・・・では、合成開始。
           
f0307067_213075.jpg
成功!5スロになりました。
今回は最初から4sの武器を購入しましたので、穴空けはこれにて完了。
ここからさらに6s、7sと拡張する際にも、やることは全く同じです。
同スロット数以上の素材を用意し、合成、拡張していくだけです。

さて・・・よほど無理やりな合成でなければ、
「穴空けが終われば、8割終わり」と考えても大袈裟ではありません。
何故かというと、これ以降の合成は 100%成功する からです。

皆さんが嫌いな「運」が絡むのは、ここまでです!



2.能力素材を用意し、スロットに能力を詰める。
では、先ほど空けたスロットに実際に特殊能力を詰めていきます。
今回の武器の能力は以下の予定。
ティル・ジ・ソール
シュートⅢ
スピリタⅢ
スタミナⅢ
セント・フィーバー
サブ用なので、コスパの良い感じで。

さて、ビシフォンに走り「能力を抽出する素材」を探します。
が、ここで「どうすれば全ての能力が付けられるか」を考え、
合成手順の設計する必要があります。

本体に一度に合成できる素材の数は 5個 まで。

合成にはあの手この手と、さまざまなやり方があるのですが・・・・。
今回、あくまでTIPSなので、あまり長くなっても分かり辛いだけです。
なので 1度の合成で全ての能力を突っ込む
という、最もシンプルな方法を取ります。

で、実際に用意したのが、以下の素材。
下部に何故この素材を買ったのかも記載しておきました。

f0307067_21234357.jpg
【素材1】シュートⅢ スタミナⅢ スピリタⅢ ゴミx2
この素材からシュートⅢ、スタミナⅢ、スピリタⅢの能力を抽出します。
しかしこの3つの能力は単体継承率60%ですので、合成時に落ちる恐れがあります。


f0307067_946274.jpg
【素材2】マドゥ・ソール ゴミx4
この素材は【素材1】のシュート、スピリタの継承率を上げるための素材です。
"マドゥソール" の触媒効果により継承率が80%までアップ。


f0307067_2124814.jpg
【素材3】グンネ・ソール ゴミx4
下の【素材4】と合わせ、ティル・ジ・ソールを形成するための素材です。
またグンネはスタミナの継承率をアップさせますので、
これで【素材1】のスタミナも落ちなくなります。


f0307067_21242438.jpg
【素材4】トウオウ・ソール ゴミx4
合成時に上のグンネ・ソールと一緒に入っていることで、ティル・ジ・ソールが発生。
これは継承率70%のソールですので、単体で継承可能です。


f0307067_2124362.jpg
【素材5】セント・フィーバー ゴミx4
セントフィーバーを継承させるための素材です。
フィーバー系は単体継承率100%なので、一個で問題ありません。


以上のような感じになります。
5つの素材にある程度「役割分担」させるように考えると、整理しやすいと思います。

では実際に最終合成を行います。

f0307067_23515013.jpg
本体に先程の素材x5をぶっ込み、欲しい能力を選択。
           
f0307067_9471669.jpg
予定通りの合成成功率。
当然、このまま合成はできませんので、合成成功率+30%を使用します。
           
f0307067_9514710.jpg
全部100%になりました。
           
f0307067_23544950.jpg
完了です。
このように 100%で成功するようにできます ので、
何も恐れることはありません。

今回は分かり易いよう、穴空けから一度の合成で終わらせました。
しかし最終合成の前に「本体」にフィーバー系を移しておけば、合成枠が一つ空きます。
合成費用面から考えてもそちらの方がお得ですね。
やり方、組み立て方は様々ですので、自分に合った合成方法を検討してみてください。

また、6s、7sとなってくると、一度の合成で完了!
・・・とは、なかなかいかなくなります。
最終合成の前段階として、
5つの素材1つ1つを手作りし「下準備を進める必要」も出てきます。

ただし、最初に述べた通り、何も難しいことはありません。
結局は足し算の延長線上。
変に小難しく考えず、合成に臨んで頂けたら、と思います。

それでは以上で「特殊能力合成TIPS」終了です!
by neko_chair | 2016-02-20 10:04 | PSO2知恵袋
f0307067_23253140.png

この "PSO2初級知識" のコーナーでは、
これさえ読めば
なんとなくPSO2の遊び方が分かる。

をもっとーに、出来るだけ簡潔に「それがなんなのか」を説明することを目的としています。

PSO2も度重なるアップデートでゲームのデータは膨大となり・・・。
新規さんがwiki等見ても、チンプンカンプンなのではないか、と思いましたので、
wikiでしっかり勉強する前段階として、
簡潔に要点だけ抑えた "ヒント集" のようなものを作ってみようかと思った次第なのです。


エクストリームってなんや?
ふ~ん・・1PT専用・・ちょっとウマいクエストだけど、パスが必要なんやな。
原石はどういったもんなんやろ、ちょい調べてみるか。

装備は何買ったらええんや・・・。
あ、最後の方まではヒエイシリーズってのが有用なんやな。
安いしとりあえずこれ買っとこう。

クラフトってなんや・・・全然分からんぞ・・・・・。
はぁ~、なるほど、絶対強くなるってわけじゃないんやな。
でも今の装備ならやってみるのもいいかもしれんな、データ見てみよう。


みたいになって頂けたら良いなぁ・・・などと思っています。

そういった "新規ユーザー" が何をどうしたらいいのか。
どう進めれば最前線で遊べるようになるのか、等を、
wiki等で頭痛と戦いながら調べるまでもなく、
ある程度の "回答" が分かるよう、簡潔にまとめておこうかと思ったのがきっかけです。

PSO2は何年も続いているネットゲームです。
そうなると、もう中のユーザーは殆ど熟成されており、
どうしても新規のまっさらなユーザーにしてみると「壁」ができてしまいます。

しかしそこで「壁」をそのままにし、新規ユーザーを蔑ろにするようですと・・。
PSO2の未来は暗いのでは、と言わざるを得ません。

正式サービス開始の頃からの皆さんにお聞きしたいのですが・・フレ、何人残ってます?
私は殆どの人が引退してしまいました。
なかなか、ここまで引退者の多いゲームというのも珍しいのではないかと思います。

とはいえ、正式サービス開始から4年の月日を経て、
度重なるアップデートを繰り返し、PSOも巨大なゲームへと成長しました。
最初の頃に比べれば遊べるコンテンツは数知れないほどあります。
当時の中身の薄かったPSO2とはまた違ったPSO2になっているのでは、
と思いますし、現在のPSO2ならば辞めなかったフレンドも居るように思います。

そして今、PS4版リリースという新たなチャンスが巡ってきました。
折角のチャンスですので、是非とも・・・。
ドラクエ、FFからユーザーを奪い、
PSO2を再び盛り上げようじゃないか!!

と思うのです!


そしてここを見た新規ユーザーさんに言いたいことは、上記でも記した通り・・。
現在のPSO2は殆どがカンストしたベテランユーザーばかりです。
が、他ゲームとの大きな違いは 追いつくのが凄く簡単 であることです。

極端な話、1ヵ月あれば十分、
アカウント取得からでもレベルをカンストし、装備も最高クラスのものが用意できます。
つまり現時点でトップクラスのキャラクターが作れます。
もちろん、フレの支援や特別な環境等一切なくともです。

キャラクターカスタマイズのみならず、
そのような "新規や復帰ユーザーへの敷居の低さ" もPSO2の大きな特徴です。
是非とも途中で挫折することなく頑張ってほしいな、と思います。
by neko_chair | 2016-02-04 23:26 | PSO2知恵袋
f0307067_23531911.png
PSO2にはさまざまな種類のクエストが実装されています。
ここでは、各クエストの特徴を簡単に説明いたします。


○緊急クエスト
緊急、と呼ばれるクエストです。
様々なものが実装されてますので、各緊急に関してはwiki等参照下さい。
産出するレア、経験値共に非常に有用かつ重要なものが多いクエストで、
「他の何もやらなくとも、これだけは参加しておきましょう」とすら言えるものです。
当HPでも行っておりますが、特に重要な緊急は「予告」されているものが殆どですので、
緊急予告スケジュールをチェックの上、なるべく参加できるよう頑張って下さい。


○レベルアップクエスト
主に育成用に使われるクエストで、過去の期間限定クエストの再配信です。
特徴として、ほぼ確実に "取得EXPUPのブースト効果" が発生しており、
人が多いのも加わり他のフリークエストを地道に回すのに比べると、
格段にレベルアップがしやすくなっています。


○フリーフィールド
各惑星のエリアを "自由探索" という形で回ります。
新しく実装された星のフリー周回はレア堀りにある程度人気がありますが、
過去実装された星のフリー集会は殆ど人気が無く、また特に行く必要性もありません。
エリアを進んでいくと、最後にボスが待ち構えているパターンと、
エネミーを倒し続けるとボスエリアへの入り口が開くパターンの2種類があります。


○アークスクエスト
フリーフィールド解放のために半強制的に行うことになるクエストです。
こちらもフリー同様、わざわざ周回する程の利点はありませんが、
例えばリリーパの採掘場エリアでも、
各アークスクエスト、フリークエスト毎に出てくる敵の比率は全く違います。
なので、マターボードのアイテムや、
各種クライアントオーダーのために「特定の敵を狙って」倒したい、
という場合には各クエストのエネミー出現レコードをチェックすることで、
効率良く狙った敵を狩ることが出来ます。


○タイムアタッククエスト

「TA」の呼び名で略されるクエストです。
主に各惑星毎に用意されています。
"メセタはどうやって稼いだらいいの?" の項目に詳しく紹介がありますが、
スクラッチ以外でメセタを稼ぐには、これが主な資金源となります。
TAの解放はわりと条件がありますので、詳しくはwiki等を参照してください。


○アドバンスクエスト
通称ADV、アド、AD と呼ばれるクエストです。
行うためには「カプセル」が必要で、カプセルはクエスト毎に必要な種類、数が違います。
PTリーダーが全員分をまとめて払うことも出来ますが、基本的には各自で用意します。
マルチは存在しなく、1PT専用のクエストとなります。
イメージとしては「4人で回るフリークエストの敵が多い版」というような感じです。

特徴として、常時EXP100%UPのブーストが掛かっているので、
殲滅力の高いメンバーならば、PSEバーストを維持することで高い経験値効率が得られます。
またクエスト中では "カプセル" "輝石" というアイテムが産出し、
カプセルは他ADVを遊ぶのに使え、輝石はさまざまな武器等と交換できます。
その他高Lvディスク、ここでしか出ないディスクもありますので、利点は多々あります。


○エクストリーム
通称エクス、EX、と呼ばれるクエストです。
1日1枚配られる「エクストリームパス」と呼ばれるチケットを使用することで遊べます。
こちらもADVと同じく、1PT専用のクエスト。

全70階層(2016年 2月現在)からなる階層クリア型のクエストで、
各階毎に "ステージオーダー" と呼ばれる様々なお題が出題され、
そのオーダーをクリアしながら階層を進めて行きます。
1~70階まで「通して」クリアすることにより、特別報酬として原石が60個もらえます。
この原石はオフスティア装備と呼ばれる非常に強力な武防具の材料になりますので、
誘われた際にはなるべく同行した方が良いと言えます。
EXP、メセタの取得効率が高いのも特徴です。


○エクストリーム(ソロ)
エクストリームの中でも、ソロ専用のEX。
ソロEX、独極、と呼ばれます。
基本的な作りはエクストリームと変わりませんが、
こちらはソロ専用となっており、非常に高い難易度が特徴です。
ドロップするアイテムも通常のEXとは違ったものがドロップする他、
専用のドロップ品としてステッカーもドロップします。


○アルティメットクエスト
ULT、UL、アルチと略される現状最強の敵が出現するクエストです。
遊ぶために必要なアイテム等はありません。
敵を倒したりECをクリアすることでポイントが溜まり、クリアとなります。
クリア時、ランクが高ければガレル、ユルルングル等の極輝石が得られます。
これらの石もEXで得られる原石と同様、オフスティア装備の交換に必要です。
また特徴として、産出するレアは良いものが多いですが、
経験値が非常に低く設定されており、経験値稼ぎには向きません。


○チャレンジクエスト
チャレと略される、主に共通シップで行われるクエストです。
プレイヤーは全員Lv1の "チャレンジャー" というチャレンジクエスト専用のクラスとなり、
装備持ち込み不可、レベル、スキル一切が無い状態からクエストをスタートします。

こちらのクエストはいわゆる、
「内容を理解してないと迷惑を掛けてしまう」タイプのクエストですので、
前提としてある程度、動画等で予習してから臨んだ方が良いと思われます。
また初心者であることを回りにしっかり言っておくこともとても重要です。
クリア時に貰える「マイル」と呼ばれるものは、
様々な貴重なアイテム、装備と交換出来ます。

共通シップへはブロック移動場より "共通シップへ移動" を選んでください。
共通シップでは元々のシップのチームメンバー、フレンドとは、
一切連絡はできなくなりますので注意。


○ストーリークエスト
マターボード、ストーリーボードを進めることでプレイすることになります。
完全な1人専用クエストですが、
難易度自体は "クリアできる前提" のものとなっておりますので、心配は要りません。
注意点として途中で "分岐" があり、
この分岐を間違えるとクリアしてもストーリー自体が進展しなくなります。
その場合クエスト名の先頭にある(!)アイコンが半分だけ黒くなっています。



各クエストの簡単な紹介は以上です。
特に緊急クエストに関しては、さまざまな種類があり、
どれも通常のクエストより有用なものばかりなので、是非一度遊んでみて下さい。
by neko_chair | 2016-02-02 23:49 | PSO2知恵袋
f0307067_3165878.png
武装エクステンドには「武器のエクステンド」と「防具のエクステンド」があります。
この記事では、この2つについて順を追って説明していきます。


○武装エクステンド[武器編]
武器も防具も、武装エクステンドは通常の強化と同じく、
1→2→3...と段階を追って強化していきます。
そして・・武装エクステンドというと、
まるで「武防具の強化」のように感じるかもしれません。

ですが、それは全くの間違いです。

武装エクステンドとは・・・弱い武器も、強い武器も、
"全ての武器防具を同一の性能にするもの"
という認識が正しいのです。

例えば、★1のソード。
攻撃力は "140" しかありません。
これでは到底、SH以降では役に立たないでしょう・・。
しかしこれを武装エクステンドすると、攻撃力は1147まで上がります。
10倍近い攻撃力の向上ですね!
この攻撃力ならば、第一線でもやっていけます。

では次に★10のグリッドエディア。
この武器は攻撃力 "944" です。
元々の攻撃力が944!?エクステンドしたらどれだけ強くなるんだ?!
そんな風に思うかもしれません。
しかしこれをエクステンドしても、
攻撃力は先ほどの★1のソードと同じ "1147" なんです。

・・・そうです。

武器防具問わず・・エクステンドしたアイテムは、
本来の性能に関係無く、全て同じ性能になります。

f0307067_22284328.jpg
f0307067_22284998.jpg
(⇧このように全く同じ攻撃力、装備条件になります。
もちろん、この時の攻撃力の数値等は、武器種ごとに違います)


そもそも武装エクステンドとは・・・。
何年も前に登場した、今となっては時代遅れとなってしまった武器防具たち。
それらを第一線で使えるよう鍛えなおすためのシステムでもあるのです。

なので、元々が最高クラスの武器ですと、逆に弱くなってしまいます。
元々の性能が高いのでエクステンドする必要はないんですね。


また、最も重要な注意点として覚えておいてほしいのですが、
武装エクステンドを行った武器は ダメージがブレます。
このダメージのブレは "技量値" によってある程度抑えられるのですが、
計算式が中々複雑ですので、より詳しく知りたい方はwiki等で調べてみて下さい。

さて、ここまで見ると・・なんだ、じゃあ最初っから最近の武器持てばいいんだね!
最近実装された武器だって安いし、わざわざエクステンドなんて必要無いや!
と思うかもしれません。

しかし、そうでもないのです。

エクステンド武器は、
確かにトップクラスの武器に比べ攻撃力は劣りますしダメージもブレます。
が、潜在能力は残るのです。

つまり、昔の型遅れな武器でも 潜在能力さえ飛び抜けて いれば、
★12、★13にも肩を並べる性能になったりするのです。

また、装備可能クラスを増やしたり、装備条件を緩和したりもできますので、
例えば フォースが装備できる大剣を作る ようなこともできます。
Lv1から装備できる超強い武器 も作れます。
新キャラ育成の際にはとても役に立ちますし、
メインクラス、サブクラスの組み合わせによっては、化ける武器が多数あるんですね。

また、最新の武器に攻撃力は劣るとは言っても、
その性能は総じて高水準であるため、
潜在等も考えると間違いなくトップクラスの性能であり、ゆえに重宝されているのです。


面白いですね!
今やPSO2は数多くのの武器が実装されております。
"自分だけの武器" を探してみてくださいね!

では、武装エクステンド[武器編]のカンタン解説は以上です。
続きまして[防具編]をご覧下さい。



○武装エクステンド[防具編]
防具の武装エクステンドは、
武器と比べ "単純に強くなる" というイメージで良いかもしれません。
多くの場合、メリットの方が大きく、デメリットが少ないのです。

さて、まず前提知識として・・。
エクステンドした防具の性能は全て同じ になります。
武器と同じですね。
種類問わず、各種防御力や耐性等はエクステンド防具共通の数値になります。

ただ覚えておかなければならないのは、
武器は "潜在能力が残る" のに対し、
防具は "セット効果が残る" ということです。

つまり潜在の優秀な武器が重宝されるように、
防具はセット効果が優秀なものが重宝されます。


そしてもう一つ。
武器には無い防具のみのエクステンドとして、
"特化エクステンド" というものがあります。

例えば「防具はサイキを使ってるよ」と言った場合・・。
それはほぼ間違い無く「特化エクステンドしたサイキを使っているよ」ということです。

そのくらい特化エクステンドは当たり前のことで、
むしろ防具のエクステンドは「特化エクステンドのためにやる」と言っても良いくらい。
それ程までに強力なのです。


では、簡単に特化エクステンドのやり方(依頼方法)を説明します。

通常、防具のエクステンドレベルはLv1からLv10まであります。
Lv1→2→3→4・・・・・・9→Lv10。
という風に順繰りに強化していきますね。
このあたりは武器も同じですが・・・。

その途中のLv3の時、Lv8の時、そして最後のLv10の時、
「特化エクステンドするかどうか」を選ぶ機会があります。
f0307067_1563112.jpg
上図のような感じです。
図説明にもありますが特殊能力と違い、
気軽に "何度でも付け直せる" ものなので、調整の容易さもメリットですね。


特化エクステンドの種類は3種類。

打撃特化/HPが+100される。
射撃特化/PPが+10される。
法撃特化/HP+30、PP+3の他、全属性耐性が+4%付く。

打撃特化とか、射撃特化とか、名前がわかり辛いかもしれませんね。
HP特化、PP特化、属性耐性特化、と言い直しても良いと思います。

兎も角、見てわかる通り非常に高い性能になります。
例えばサイキで3カ所を打撃特化エクステンドした場合、それだけでHP+300。
加えて元々のセット効果でPP+25、技量+80、というわけです。
いかに特化エクステンドが有用かご理解いただけたかと思います。

余程酷い防具でなければ、
特化エクステンドするだけでSH以降でも問題なくいけるくらい!

とりあえず打撃特化x3でやってみて、
PPが足りないなと思ったら1ヵ所射撃特化にしてみたり、
戦闘スタイルに合わせた後々の調整も出来ますので、試行錯誤してみて下さいね!



武装エクステンド[防具編]は以上です。
では最後に、エクステンドした際「残るもの」「残らないもの」をまとめておきます。

■武器
強化値➡残る
本来の攻撃力➡残らない
属性、属性値➡残る
装備条件、装備出来るクラス➡残らない
固有PA,テク➡残る
潜在能力➡残る
既に付いていた特殊能力➡残る

■防具
強化値➡残る
本来の防御力➡残らない
耐性、属性耐性➡残らない
装備条件、装備出来るクラス➡残らない
セット効果➡残る
既に付いていた特殊能力➡残る


このような感じですね。
ただ、失敗したと思ったら武器防具ともに、
「元の状態に戻す」こともできますので、それほど心配は要りませんよ!

では、武装エクステンドの解説は以上です。
by neko_chair | 2016-02-02 22:47 | PSO2知恵袋
f0307067_17114426.png

まずダメージのブレに関する基礎知識として・・・。

ダメージのブレは技量値に依存しますが、
ブレそのものはレア武器もエクステンド武器も存在します。

しかしレア武器は基本的に、ブレを考慮する必要がありません。
これは何故かというと・・。
レア武器はダメのブレる範囲が90%以内に限定されているためです。

たとえば "ダメージ100の攻撃" を敵に当てたとき、
どんなに当たり方が悪くても、技量値が低くても、
レア武器なら"90"のダメは出ますよ、という "レア武器保障" がされてるのです。

しかし、エクステンド武器は「保証が無い」のです。
なので、素の自分の技量値のみでブレを抑えなければならない・・というわけです。

まあ・・ここはひとつイメージを膨らませて、
時代遅れの武器を使おうってんだから、
そりゃ使う方にも技量が要求されるってもんだ。

と解釈してはどうかと思います!


さて、では本題に入りますね。


実際にエクステンド武器でブレを抑えるには、どの程度の技量値があれば良いのか?
ということですが・・・その "必要な技量値" の目安は以下の式で求められます。

①敵技量値+②武器別必要技量=③実際に必要な技量値

・・・というわけですが、これだけ見せられてもチンプンカンプンですね。
順を追って説明します。



①敵技量値
まず「敵の技量値」の数値から。
敵に技量値ってあったの?!という人もいるかもしれませんね。

これは現在主流となっている「XHの敵」を基準にしますと、
大体技量値は "414" のようです。
ボスになると少し高いのですが・・そこまで変わるものではありませんので、
"414" を基準として考えて貰って問題ありません。


②武器別必要技量
次に・・・これは意外に思う方も多いのではないかと思いますが、
同じエクステンド武器でも、武器ごとに必要とする技量値は異なります。

じゃあどのくらい必要なの?ということですが・・下に早見表を用意しました。
f0307067_17121346.jpg
(※wkiより拝借)
例えば刀ですと "180"と書いてあります。
この数字が「武器別必要技量」です。


③実際に必要な技量値
先程の、刀に必要な武器別必要技量 "180"。
そして、XH敵の技量値 "414"。
これらの数字を最初に記した計算式に当てはめることで、
エクステンド武器を使用する際、おおよそ必要な技量値が求められます。

414(XH平均技量)+180(刀必要技量)="594"

刀の場合、技量値が "594" あれば概ね問題ないようですね。
この技量値とは、防具による補強分も含めた、総合技量値です。

この数字を達成するのは、多くの★11防具が "技量+補正" を持っていること、
クラスボーナス等でも技量値が増えることを考慮すると、
達成するのはそこまで難しくはありませんが・・・・。
最も技量値が必要なソード、バレットボウになると、
敵技量値+260もの数値が必要になり、決して何も考えず達成できるものではありません。


また、PAにも技量補正のあるものが存在する他、
誤差の範囲として無視して良いレベルですが、敵の技量も違いますし、
一概に上の計算式、表で完全にダメージの結果が求められるわけではありません。
しかしとりあえず "上の表と計算式で求めた技量値" があれば、
問題のない範囲、プレイしてて分からないレベルまで、ダメージのブレは無くなります。

それとは別に「インヴェイドシリーズ」ですが・・・・。
上記の必要技量値よりさらに100~200前後、技量値が必要になるようです。
インヴェイドシリーズは防具にも現状最高の技量補正が入っていますので、
インヴェイドを使いたい、という方は、
お金があれば防具もセットで使用することをお勧めします。

まずダメージのブレに関する基礎知識として・・・。

ダメージのブレは技量値に依存しますが、
ブレそのものはレア武器もエクステンド武器も存在します。

しかしレア武器は基本的に、ブレを考慮する必要がありません。
これは何故かというと・・。
レア武器はダメのブレる範囲が90%以内に限定されているためです。

たとえば "ダメージ100の攻撃" を敵に当てたとき、
どんなに当たり方が悪くても、技量値が低くても、
レア武器なら"90"のダメは出ますよ、という "レア武器保障" がされてるのです。

しかし、エクステンド武器は「保証が無い」のです。
なので、素の自分の技量値のみでブレを抑えなければならない・・というわけです。

まあ・・ここはひとつイメージを膨らませて、
時代遅れの武器を使おうってんだから、
そりゃ使う方にも技量が要求されるってもんだ。

と解釈してはどうかと思います!


では本題。

実際にエクステンド武器でブレを抑えるには、どの程度の技量値があれば良いのか?
ということですが・・・その "必要な技量値" の目安は以下の式で求められます。

①敵技量値+②武器別必要技量=③実際に必要な技量値

・・・というわけですが、これだけ見せられてもチンプンカンプンですね。
順を追って説明します。



①敵技量値
まず「敵の技量値」の数値から。
敵に技量値ってあったの?!という人もいるかもしれませんね。

これは現在主流となっている「XHの敵」を基準にしますと、
大体技量値は "414" のようです。
ボスになると少し高いのですが・・そこまで変わるものではありませんので、
"414" を基準として考えて貰って問題ありません。


②武器別必要技量
次に・・・これは意外に思う方も多いのではないかと思いますが、
同じエクステンド武器でも、武器ごとに必要とする技量値は異なります。

じゃあどのくらい必要なの?ということですが・・下に早見表を用意しました。

(※wkiより拝借)
例えば刀ですと "180"と書いてあります。
この数字が「武器別必要技量」です。


③実際に必要な技量値
先程の、刀に必要な武器別必要技量 "180"。
そして、XH敵の技量値 "414"。
これらの数字を最初に記した計算式に当てはめることで、
エクステンド武器を使用する際、おおよそ必要な技量値が求められます。

414(XH平均技量)+180(刀必要技量)="594"

刀の場合、技量値が "594" あれば概ね問題ないようですね。
この技量値とは、防具による補強分も含めた、総合技量値です。

この数字を達成するのは、多くの★11防具が "技量+補正" を持っていること、
クラスボーナス等でも技量値が増えることを考慮すると、
達成するのはそこまで難しくはありませんが・・・・。
最も技量値が必要なソード、バレットボウになると、
敵技量値+260もの数値が必要になり、決して何も考えず達成できるものではありません。


また、PAにも技量補正のあるものが存在する他、
誤差の範囲として無視して良いレベルですが、敵の技量も違いますし、
一概に上の計算式、表で完全にダメージの結果が求められるわけではありません。
しかしとりあえず "上の表と計算式で求めた技量値" があれば、
問題のない範囲、プレイしてて分からないレベルまで、ダメージのブレは無くなります。

それとは別に「インヴェイドシリーズ」ですが・・・・。
上記の必要技量値よりさらに100~200前後、技量値が必要になるようです。
インヴェイドシリーズは防具にも現状最高の技量補正が入っていますので、
インヴェイドを使いたい、という方は、
お金があれば防具もセットで使用することをお勧めします。
by neko_chair | 2016-02-02 22:32 | PSO2知恵袋
f0307067_17304972.png
防具に関してはある程度テンプレートがあり、それを用意していけば問題はありません。
と・・その前に 2点、最初に説明しておきたいこと があります。


①装備する防具は全クラス共通である。
PSO2では一部の例外を除き、現在、クラスごとに防具が変わることはありません。
これは育成途中ではなく「カンストしているプレイヤー達」の話です。

「えっ・・じゃあ全クラス(職業)が同じ防具を装備しているのか?」
ということになるのですが・・・。
はい、そうです。

通常のRPG的なイメージですと、
魔法系職はローブ、近接系は鎧みたいなイメージがありますが、
PSO2ではそのような既成概念は無く、
防具における「クラス毎の差」とは 特殊能力の差 のみです。
いわゆる「近接なら鋼の鎧だよね」というような感覚はありません。

f0307067_1712210.jpg







⇦画像の赤い四角内が特殊能力。
この付き方をクラスに合わせて変えるだけ。


例えば上の "アーム/サイキソウ" は、
ヴォルソール、パワー、ノーブルパワーに加え、ウィンクルム。
PPも潤沢に積み、実に攻撃的な構成です。


f0307067_175579.jpg
こちらは私の "リア/サイキホウヨク" です。
テク職のHPの薄さを補うためHPをある程度盛ると共に、法撃系の能力も積んで居ます。


このようにクラスごとに積んでいる能力が全く変わり、
防具そのものは多くの場合、変わりません。
なので、これから説明する防具に関するTIPSも、
基本的に "全クラス向けの説明" と考えて貰って問題ありません。

また多くの場合、防具そのものにはほとんど価値がありません。
実際、カンストプレイヤーの多くが愛用する "サイキシリーズ" でも、
ビシフォンで検索すればたかだか数十万メセタであり、TA一回で購入可能です。
防具そのものではなく、それに追加する "特殊能力" にこそ、
大量のメセタが必要となり、価値が存在するのです。

それともう一つ。


②成長段階の防具は基本、考えなくて良い。
多くのRPG、ネットゲーム等では防具は段々と強いものを装備します。
例えばLv10までは皮の鎧、Lv20までは鋼の鎧、Lv30まではロトの鎧・・のように。

しかしPSO2ではそういったことは考えません。
例えば新しいキャラを作り、防具を用意する・・となった際、
多くのプレイヤーはLv1の時点で "Lv75になった時" 装備している防具を考えています。
その途中段階、Lv1~50のような "育成途中に装備する防具" は殆ど検討しません。
この理由は何故かというと、以下の2点によるものです。

・育成段階用とは言っても、それなりの防具を作るためには非常にお金が掛かるため。
・お金を掛け育成段階用防具を作っても、殆ど使う時間も無くLv50に達するため。

実際、それなりの経験を積んだプレイヤーとなると、
Lv50程度まではあっと言う間に上がってしまうので、
その間に装備するものというのは、本当に簡素なもので良いのです。
(※PSOの初級知識➡"レベル上げってどうやったらいいの?"参照)

とはいえ、全くまっさらなプレイヤーのみなさんに、
最初からそんな身も蓋も無いレベル上げを推奨するわけにもいきません。
なので、この記事では「育成段階用の装備」もご紹介します。

しかし実際のところ、防具作成にお金が掛かるのは本当なので、
新規プレイヤーの皆さんとはいえ、
育成途中で装備するような防具にメセタをつぎ込む・・というのは推奨しかねます。

それでは以下、本題の「防具は何を用意したら良いのか?」の説明に入ります。



○防具は何を用意したら良いか?
まず最初に・・現在多くのプレイヤーが辿っている、
大まかな "キャラレベルに対しての防具の移り変わり" を紹介します。

①Lv1~   なんでも良いので装備できるものを探す。
②Lv10~ ヒエイシリーズ(育成用防具)を入手する。
③Lv50~ サイキ、ブリサ、オフス等のハイエンド防具を入手する。

ほんとに雑ではありますが、
恐らく多くのプレイヤーがこういった流れでキャラクターを作成しています。
では、各項目を順を追って解説していきます。


1.なんでも良いので、装備できるものを探す。
これは②の "ヒエイシリーズ" を装備出来るようになるまでの繋ぎであり、
レベルアップクエスト等をやりながら、拾ったものを単に装備しているだけでも十分です。

f0307067_17151553.jpg
⇧すぐ捨てることになるので、このようなものでも十分。

少しお金があれば、拾ったものを+10まで強化してみたり、
ビシフォンで検索して装備できるものを探してみたりしても良いと思います。


2.ヒエイシリーズを入手する。
古来より多くのベテランプレイヤーたちに愛され続ける育成用防具があります。
それが "ヒエイセット" と呼ばれる3部位セットの防具です。

ただこのヒエイ防具も "あくまで繋ぎ"の装備となりますので、
それほどまとまったお金を投資する必要はありません。
しかしながらこの中級装備と付き合う時間はそれなりのものになるでしょうから、
快適さを求めるのなら、ある程度能力のついた3s~4sのものを用意しても良いでしょう。

また③のハイエンド防具を "自作" する予定でいる場合には、
この時点で能力のしっかりしたものを買い、
それを素材として③のハイエンド防具制作の際に役立てる・・というのも、アリだと思います。

このヒエイシリーズは★7とレアリティこそ低いですが、非常に高い性能を有しており、
ある程度特殊能力の付いたものならSHでも十分通用する程のポテンシャルを秘め、
始めたばかりの低レベルから装備出来るにも拘わらず、
最終的なハイエンド防具装備までの長い育成期間をを十分カバーしてくれます。

f0307067_17202761.jpg
⇧はさきほど検索したら売っていた、1.4Mのヒエイ装備。
+10強化済みなので強化費用も浮きますね。
能力値も、打撃+35が付き、MAP解放の役に立つでしょう。
また序盤~中盤で重要なHP補正が+135と非常に高く、
セットで装備すればHPが1000前後まで上がります。
加えてヒエイセットの"セット効果"としてPP+10がありますので、
これ一つ装備するだけで全パラメータが補強されます。
まさに近接育成には最高の育成防具と言えますね。

ヒエイ防具ははビシフォンで普通に購入できますので、
装備条件 "技量155" に到達した時点でそこそこのヒエイ防具を購入し、
ゲームに慣れていくのが最適かと思います。

装備条件が他の多くの防具のように"打撃防御"や"射撃防御"など、
特定のクラスに偏ったものではなく "技量値" なのも、愛される所以ですね。

そしてレベルが50に達する頃・・難易度VHを卒業するあたりで、
サイキ、ブリサ等の、現状最強クラスといわれる防具が装備可能になってきます。


3.サイキ、ブリサ等のハイエンド防具を入手する。
さて上でも記しましたが、レベルが50に到達したあたりで、
"現状の最終防具" ともいえる防具が装備可能になってきます。
サイキ系、ブリサ系、オフゼ系等のハイエンド防具達です。

これらの★11の防具はその多くが売買可能であり、
性能も大差無く一長一短といったところです。
総合力ではどれも最高クラスの性能、ULTの厳しい攻撃にも十分耐えてくれます。
サイキはPP重視、ブリサはHP重視、サイハ等は攻撃力重視等々・・。
個々人の好みに合わせて選んで頂ければと思います。

ただ、新規プレイヤーの場合に限り問題となるのが・・・。

f0307067_17254253.jpg
"★11ユニット購入パスが無ければ、
買うことすら出来ない"

と言うことです。

この「★11ユニット購入パス」ですが、★11防具と交換で入手できます。
で、恐らく最も入手が容易なのは・・・。
SH,XHの緊急クエスト " 星滅の災厄禊ぐ灰の唱"
にて、★11ブリサ系防具がドロップしますので、
それをチケットに変える・・という手段ではないでしょうか。

このクエストは前哨戦は4回、本体戦1回のクエストですので、
なるべく限界まで回数を重ね、★11防具を狙いましょう。

それとは別に、ほぼ確実に★11防具を入手できる方法もあります。
カジノで交換できるレアエネミートリガーを使用するパターンです。
レアエネミートリガーを使用し出現した敵を倒すと、
高確率で "アークスバッヂ桃" か "リア/Pドライヴ" が手に入ります。
リア/Pドライヴはそのままパスに。
アークスバッヂは2つでリア/Pドライヴと交換してもらえます。


ちなみにオフゼ系防具は2月現在最強の防具ですが、
注意点として要らなくなった場合にも「売買不可」なため、
売ることが出来ず、他キャラで使うか、素材にするしかなくなってしまいます。
イデアル系防具も同様。
この「売買不可」という制約には気を付けてください。

また同様に注意すべき点として、
★11と言っても、そのままの状態では各防具にそれなりの "差" があります。
現在殆ど横並びの性能と言える★11防具ですが、
それは "エクステンドを考慮した上での話" です。
(※武装エクステンドに関しては「武装エクステンドって何?」をご覧下さい)



というわけで、纏めると・・・。
まず拾ったものを装備しつつ、ヒエイセットが装備できるようになるまで頑張る。
ヒエイセットが装備できたら、★11チケットが手に入るまで頑張る。
★11チケットが入手出来たら、好きな★11防具を使えやゴルァ!!!!
というわけですね。
簡素ながら最終防具までの道のりをご紹介致しました。

やはりポイントとしては、中盤の「ヒエイセット」ですね。
実際、他クラス育成用等にヒエイセットを保管しているプレイヤーは多いと思いますが、
これも必ずヒエイ装備でなければいけない、というわけでもありません。

ただ多くの人が育成用に使うので、
育成が終わり不要となったヒエイ防具が、手頃な価格で市場に出回り易く、
コストパフォーマンス的にも優れているので、オススメしました。

また、上記では育成用装備にお金を掛けるべきではない、と言いましたが、
それは日に数時間プレイできる人前提での話であり、
週に1日とかという話になると、また事情が変わってきます。

そのあたりは各自でご判断頂ければと思います。
それでは、かしこ。
by neko_chair | 2016-02-02 17:28 | PSO2知恵袋