・PSO2"猫の集う椅子"チームブログ 兼 私的シルバーアクセサリーブランド "白銀灯少女" 制作日誌。
         またそれらに限らず、他ゲームや雑多な日常を記し残す電界忘備録。

尖駆者の標【献身】ですが、ようやく試作品出来ました。

f0307067_22131937.jpg



なんか潰れたような顔になってますけど、どうも写真を上手く取れないもので・・。
潰れてはおりませんのでご安心を。

これは特に修正点見つからなかったので、
写真は後々撮り直すと思うのですが、このまま商品化すると思います。
HPの方にも数点写真アップしておきますね。

個人的な感想なんですけども「他者から見た時の恰好良さ」みたいなものは、
【破砕】>【加護】>【献身】だなーと。

ただ私は別に他者から見てどうこうってのは、あんまり気にしてなかったりします。
「いや、そこは気にしろよ!」とも思うのですが、
そもそものコンセプトが装飾品というよりは "愛玩具" みたいな方向性なので・・・。

とはいえ、アクセサリー(accessory)という単語は、
そもそも "共犯者" "相棒" というような意味合いですから、
むしろ根源的な意味を考えるならば、
私の制作コンセプトの方が近いような気もしないでもないのですけどね。


ところで、それとは別に結構多く言われるのが、
「もっと大きくても良いのですが」と言う言葉なんですよね。

これ、本当に意外でした。

実は大きさや重さに関してはある意味、デザイン以上に気を払っていて・・。
わたし自身が、あまり重いネックレスをすると吐き気がするものですから、
必要以上に気を使いすぎていたのかもしれません。

私の場合、ネックレス制作においては重さが非常にネックになっていたりします。
結局、軽くせねばならない=小さくしなくてはいけない、ということになりますが、
ネックレスのサイズが小さいですと、WAXで微細な造形を作っても、
結局製品化するまでにかなり造形が潰れてしまうのです。

原型WAX→石膏型取り→シルバー化(地金原型)→
→ゴム取り→WAX→石膏型取り→シルバー化(商品)


と、実際の商品になるまでに7回も型の置き換えを繰り返すため、
その際に少しずつ微細な造形が潰れていってしまうわけですね。
これは私に限ったことでは無いですし、
鋳造工程的な問題なので、どうしょうもないことのですけども。


でも、元々のサイズが大きくても構わないってんなら、
造形もそこまで潰れずに済みますし・・。

もしかして、本気出してもいいのだろうかって。

いや、今まで手抜いてました・・とかでは無いんです。
けど「この重さで造形が潰れず製品化可能」とかってなると、
どうしてもある程度ガマンせねばならない部分も出てきます。

実際、上の写真の試作品も、一部潰れているところがあったりしましたので・・・。
折角作ったとしても、造形が潰れてしまっては元も子もありません。
なら最初から潰れない程度の造形にした方が良い、いや、するしかないのですよね。


端的に言えば

不満はあるけど、この条件で出来るのはここらが限界。

みたいなのがありました。
でも、重さをある程度気にしなくていいなら、もっと自由に作れる。

正直6割程度の力しか出せないで居ましたけど、赦されるんでしょうか・・。

f0307067_2127415.jpg


100%の開放。

いや、とは言っても、一通り指輪やブレスレットを作ってからだと思いますが・・。


創りたいものは現状いくらでもあるので、赦される限り創りたい。

ぶっちゃけると、デザインに関しても一般受けを考慮しかなり抑えているので、
とりあえず一通りのものを作ったら、
私の魂からの ”渇望” の顕現
・・・とでもいいましょうか。

通りがかった人から「え、何、それは・・(困惑」と思われるような、
そんな "異物" の出現に着手させて頂こうか・・・などと思い始めております。

そういったモノに関しては、ピーキーすぎてどうせ売れやしませんし、
1年くらいかけてゆっくりデザインを練りつつ、
あくまで自分用に・・と考えていたのですけど・・・。

私と同じような感性、側面をお持ちのお客様が居れば、是非共有したいなって!!




 
以前の日記でも書いたのですけど・・。
「尖駆者の標」は基本となる女性像のデザインは大体同じなのですが、
重さや微妙にデザインの違う3パタ―ンで出させて頂く予定です。

その最後のバージョンのマスターモデルが上がってきました。

3つの中でも、最も「女性像の美しさを楽しむ」という点を主眼を置いた仕様です。
現在磨いている途中なのでピカピカになっており、
見辛かったら申し訳ないのですけど・・・もし良ければご確認ください。

f0307067_225079.jpg

正面全体像。


f0307067_2253032.jpg

背面。


中抜き無しなので・・・申し訳ないのですが、重量は結構凄いです。
今回、口を半開きにしてみました。


f0307067_22193332.jpg

カンは無く、脚に突き刺さったフックにチェーンを付け、逆吊りにするデザイン。
勿論、ただチェーンをくっ付けるわけではなく、ジョイントパーツが付属します。
また首輪はカンを取り付けられる構造になっており、そこから十字架が下がります。


f0307067_2275461.jpg

髪型はウクライナのティモシェンコ元大統領やFateのセイバーの髪型でもある・・。
なんていうのかよくわからんクルクルしたやつ。

つうか湯口が直径7~8mmはあったんすけど、これなんとかならんのかな・・・。
ちょっと考えて貰わんと、毎回削るのかなり大変やぞ・・・。
バネ指なるんちゃうかとか、リューターの寿命縮むんじゃねーかとか・・。



それとまあ・・・なんというか・・これ重いっす。
チェーン無しの本体だけで、たぶん150gくらいになるかと思います。

ちなみに3パターンあるうち、100g以下は一つもなくて・・。
他2つも140gくらいと160gくらい。
私がよく飲んでいるDyDoのデミタスコーヒーより少し軽いくらいですね。

f0307067_2246312.jpg


ヤバいっすねw

いや、まったく笑えないんすけどね。

重いと言うことは当然ですけど・・良いことはあまりありません。
ズシッとした重さがあるので迫力はありますけども。

他のブランドさんみてもらっても100g以上ってほぼ無いと思います。
やっぱり重さが気になりますし、肩こりにもなります(たぶん

私のペンダントを創る時の重さの基準は、
「私自身が1日着けて居られる重さ」なのですけど、それもたぶんここらが限界。

理想を言えば、やっぱり100gくらいが良い気がしますね。
実際、狂信者の柩はほぼストレスなく付けて居られますし。

本当はそのくらいで作りたかったのですけど・・・。
やっぱり顔とか細かい造形考えると、
このくらい大きく無いと面白味ないな・・・って思ってしまって。

早い話、装着感より創りたいものを優先しました。

この辺は完全に製作者のワガママですし、褒められたものではありませんね。

ですけど、これはずっと考えていることなんですが・・・。
ならば「万人にウケる仕様、デザインにしたらいいのか?」というと、
それは絶対ダメだと思うんです。

まだ本当に少ししか売ってませんけど、でも中にはわりと、
「随分シルバーアクセサリー買ったけど、久しぶりに欲しいと思いました」
みたいなお客さんが居てくれて。

そういうお客さんはたぶんですけど、
本当に私と近い感性・嗜好の持ち主だと思うんですよ。

自分で言うのもなんですけど、私と近い感性って結構ヤバい気もするんですけどね。

で、ですよ。

ここで私が「自分の本当に創りたいモノ」を曲げて、
万人受けするようなものを作りだしたら・・。
それこそ、そういった "無数にあるブランドから私を選んでくれた方々"
に対する裏切りだと思うんですよ。

だから、やりたい放題やります!!



なんか言い訳臭いですけど・・・。
いやまあ「本当に重すぎる」みたいな意見が多かったら、
それは今後改良しようと思います。

創りたいモノがどうであれ、大前提として "アクセサリー" ですから、
アクセサリーとして機能しないとどうしようもないですからね。




 
今回は私が飲んでいる完全栄養食 "COMP" についてご紹介したいと思いました。
これはタイトルにもある通り、

"これさえ飲んでいれば生きていける"

という非常に画期的かつ未来的な食べ物(飲み物?)です。

人は生きていく上で様々な栄養素が必要なわけですが、
現実的にそれらを全て摂取するのは非常に困難。

栄養バランスの良い食事ばかりではない・・・というより、
1つの料理単体で見れば、バランスの悪い食べ物ばかりです。
また、そういったバランスの悪い食べ物の方が "美味" であると感じがちですからね。
ハンバーガーだったり、焼き肉であったりと。

では足りない分、他の食事の際に修正すればいいのでは?とも思いますが、
結局のところ金銭的にも、胃袋の容量的にも限りがありますので・・・。
偏った食事を摂って尚、足りない分の栄養素を含む食事も獲り、
バランスを維持する・・というのは不可能に思います。

朝食にパンやおにぎりを食べ、昼食にカツ丼を食べれば、
脂質や炭水化物、たんぱく質、糖質は十分すぎる程取れますけど、
足りないビタミンを取るために数百グラムの野菜を夕ご飯に食べる・・。

そこまで気を使っている人がどれ程居るだろうか?
少なくとも私は無理です。

そして、そういった方々の為に開発されたのが

f0307067_14335252.jpg


"COMP" です。

必要な栄養素が全て入っておりますので、これ以上なく栄養バランスは完璧ですし、
食事の時間も一瞬で済みますから、後片付けの手間等もなく楽です。

と、ここで多くの人が思うであろう疑問点として上がるのが、

お腹は減らないのか?

ということです。
しかし、これは個人差がかなりあるようでして・・・。
飲んでみて頂かないとわかりません。
ただ、私の場合は空腹感はあまりありませんでした。

かといって満腹になるというわけでもないんですよね。
これ、他の食べ物・飲み物には感じたことの無い感覚なので説明し難いんですけど、
単純に "空腹感が無くなる" としか言いようがない。

逆に、常に空腹・・・と言う人も居るみたいなので、
まずはお試しパックで試してみると良いと思います。

なにも食事の全てをCOMPにしろってこともないので、
試しに朝だけCOMPにしてみたりしても良いですね。栄養補助的な感じで。

保存期間も半年くらいあるので、そのまま保存食としても使えますから、
地震やミサイルのこともありますし、そういう点でも良いかなと。


で、もう一つの疑問点として挙げられそうなのが・・。

一食あたりのコストはどのくらいなの?

というのも無視できませんよね。

HPを見て頂けると分かりますが、
これだけでしっかりカロリー(栄養素)を取るとなると、日2000円以上かかります。

ただ、私はこれに関してはちょっと疑問でして・・・。
私自身、その半分くらいの量で満足してしまうので、
実際にこんなに飲む人居るんだろうか・・・と思ってしまいます。

なので、こちらも個人差があると思いますし、
私個人の意見としては「別に高コストでは無い」です。


そして、嗜好的な問題ながら最も大きな障壁であろう、



ですが・・・。

全く問題ないです。

ほんのりミルクと豆乳の味がするのですけど、
ほぼ無味・・と言っても差し支えないです。

何より様々な飲み物と併せて良いので、
フルーツ系のジュースを入れても良いですし、コーヒーでもOK。
基本的になんでも良いそうなので、
味に飽きるということは無いのではないでしょうか。

ただ、溶かす時はお湯(ぬるま湯で良い)でないと溶け切らず、
ザラザラとした食感が残るので、お湯と合うような味が良いと思います。

私のオススメはSAVASのココア味プロテインです。
別にこれでなくてもいいんですけど、相性が良いのもあって続けてます。

SAVASに限らず、味付きビタミン剤やプロテインは多いと思うので、
そういったものを大さじ一杯程度入れると、実益も兼ねて宜しいですね。
逆に全く何も入れないとちょっと毎日続けるにはキツイかも知れません。


最後に、これたぶん一番の利点なんですけど、

ダイエットに最適なのでは・・・。

と思ってます。
私はその用途では使ってませんので体験談にはなりませんが、
体積が無いので胃袋が小さくなり、自然と食べる量が減るのではないか?
というのと・・栄養バランス的に完璧ですので、
いくらか "身体に無理のないダイエット" が出来るんじゃないかな、と思いました。



そんなわけで、なんかCOMPの回し者みたいになってしまいましたけど、
オススメの健康食品(?)COMPについての記事でした!


 
# by neko_chair | 2017-10-05 14:40 | Comments(0)
思い込みって怖いなあと思ったのですが・・・。

昨夜、本当に何となく大手鋳造屋さんのHPを見たところ、
なんと鋳造費が格段に安く・・。
他大手鋳造メーカーさんも一応確認してみたら、同様に物凄く安かったのです。

実際に鋳造に出してみませんと、どうなのか分かりませんけども・・・。
安くても品質が悪かったらどうしょうもないですしね。
ただ大手なので品質が悪いということは考え難い気がします。

現在頼んでいるところは地方の鋳造屋さんなのですが・・勝手に、

「地代も人件費も地方の方が安いんだから、キャスト代も安いに決まってる」

と思い込んでおり、他の鋳造屋をロクに確認しませんでした。

ましてやこの競争社会。
同じ製品を作るのに、そこまで価格が変わるとは微塵も思わなかったのです。
勝手に価格競争してるだろうと・・・。

なんというか繰り返しになりますけど、思い込みって怖い。

・・・・と言うわけで、ちょっと確定とは言えませんが、
品質が問題無ければ、価格ベースを結構下げられるかもしれないなーと思ってます。
しかもまとまった数頼まなくてもずっと安いので、私の精神衛生的にも凄く楽。

ただ、暫くはそのあたりの兼ね合いで、価格の変更が入るかもしれません。

出来るだけ「こんなに価格下がるんなら待ってれば良かった!!」
みたいなことにはならないよう配慮しようとは思っておりますが・・・。
申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。