ད ŠV Λccessory . - 白 銀 灯 少 女 - . web ŁoĜ ཌ

・私的ブランド制作日誌 & "猫の集う椅子"コミュニティブログ。また、日々の忘備録なども兼ねる。

"狂信者の柩" の生産一時停止について

お久しぶりです。

いや、尖駆者の標【献身】が予想外に手間取りまして・・・・。
とはいえ随分お待たせしまったのですが、なんとか終わりそうなので良かった。

年内にご予約頂いている分が終わるかどうかはさておき、
見通しが立たない状態では正月気分もクソもないですし。

で、本題なんですけど・・"狂信者の柩" に関して。
HPでも少し触れたのですけども、
現行モデルの顔部分が非常に仕上げ難い。

「これなんとかせな、続けるの大分苦痛やぞ・・」とずっと思っていたもので・・。
思い切って、鋳造屋が変わった今のタイミングで原型を修正してしまおうと思いました。

ぶっちゃけこれ、14体しか売ってないんですけどね・・。

現時点で既に購入のお問い合わせを頂いているお客様には申し訳ないのですけど、
とりあえず改装版が出来次第確認して頂いて・・・。
もしそれでも以前のものの方が良い、という話でしたら改めて検討致します。

それとリニューアルするとなると普通、
「新しい方のが良いんじゃね?」って話になりますが・・・。
すみません殆どかわんないです。
というか、そんな大改修してる時間もないですしw
顔部分が少し前面に押し出される程度。

そもそも、現モデルにデザイン的な不満があれば話は別なのですが、
あくまで私が仕上げやすいかどうかという後ろ向きな問題ですしね。

f0307067_20381057.jpg



あと、ちょっと話は違いますが "尖駆者の標" 売り出した時、
お客さんからのメールで「VirginLotナンバー間に合いますか!?」
みたいなお問い合わせを複数通頂きました。

・・・でも、これ本当心配しないで欲しいんです。

マジでそんな売って無いんで・・・(白目

いや、オークションとかで出した分はありがたいことに買って頂けてますから、
「売れない・・クソ!!!あああ!!」みたいにはなってません。
そこは心配しないで欲しいのですが、商品の制作は日2~3時間程度やるくらいで。
場合によってはやれない日もありますし、その他に原型制作もあるものですからね・・。

先日もご懇意にさせて頂いているお客様から、
「もっと広めましょう」みたいなありがたいお言葉も頂いたのですけど、
そんな作れもしないのに広告打ってもなあ・・とか思ったもので・・・。

時間無いとは言っても本業を辞めるわけにもいきませんしね。
なら、もう割り切って余分に作れた分はオークションサイト経由で売りつつ、
来年はブランド立ち上げ兼商品ラインナップ充実期間としていこうかなと。

google広告はちょっと考えてはいるのですけどね。
どうしてもオークションサイトだと割高になってしまいますし。

そんな黎明期なブランドにお付き合い頂いているお客様に関しては、
本当にありがたい限りで、出来る範囲のことはしたいなあと思います。
なるべく気兼ねなくご相談頂ければと思うのですよね。



そんなわけで現在趣味の範疇でやってますが・・・。
「他の仕事しながら」って言うと道楽っていうか、
本気でやってない。
みたいな感じありますよね。

というか大体のことって「それ一本(プロ)で成功するのが目標!」
みたいな感覚がみなさん当たり前にあると思います。
でも、私はそうでもないのです。

私が一番にしているのは「純度」なんです。

なんの純度かと言うと「作品における私の感性の純度」みたいなもの。
でも「ならやっぱり生涯の仕事として、プロでやってる人が一番なのでは?」
と思うのですが、やっぱり私の場合はそうでも無い。

もちろん全てに当てはまることではないですけども。
ただ、少なくとも別の仕事でデザインをしていた時の私は違いました。

やはりそれだけで生きていくってなると、
自分のやりたいこと以外のことも、嫌々やらなきゃならなかったり、
コスト、利ザヤ、お金だったり、世の中の流行りや、クライアントの好みだったり、
上の意見も考慮しなきゃならないんです。

「自分の感性で創りたいもの創ります!」なんてとても出来ない。

極論

自分の創りたいものではなくて "お金になるもの" を作ってるんです。

そういった様々な "俗物的なもの" って、言うなれば "不純物" であり、
そのような要素が入れば入るほど "感性の純度" は失われると思うんですよね。

つまり仕事として作っていた頃は、非常に純度の低いものを作っていました。
もちろん、手を抜いていたとかではありませんけども。


でも "白銀灯少女" は違うのですよ。
自分でやりたくて始めたことですし、裕福とはいかなくても本業で生きてはいけるから、
「世の中の流行りなんかクソ喰らえ!」で好き勝手作れる。

ここで「もっと儲けよう」だとか「お金ほC!」だとか考えだすと、
やっぱり不純物が混じってきてしまうと思うんですよね。

だから、趣味でいいんです。

まあ、まかり間違って将来「予約分がとても作りきれねえ・・・」
みたいな話になったら考えるかもしれませんけども。
欲しいと思ってるのに作って貰えないってのは一番ツライですしね。




本当に極限まで不純物を入れず、
自分が納得できるまで磨き抜いた "創りたいもの" を作れてる。

これは逆に、それだけで生計を立てているプロでは出来ないことなのかも知れませんし、
感性の会うお客様には一切媚びの無い自分の作品を気持ち良く買って頂き、
これ以上無い程に幸せなことだなあと思うんですよね。



それと、どうでもいいですが最近ガストーチ購入したんですけど

f0307067_3362010.jpg


興味ないと思いますが、文明の利器感溢れてて良い感じなのでお知らせしておきます。
別に使う人居ないと思いますが、まじオススメ。

ガストーチって炎の細さ調整出来ないんで、
細かいロウ付けだと、溶かされちゃ困るとこまで溶けたりしてイラッと来るんです。
けど、コイツかなりの極細炎を出せるんで、
これと通常ガストーチあれば一通り労せず出来そう。

ロウ付けはカンやチェーンの継接ぎが本当に多いので、
ライター感覚で出来ちゃうのは助かりますね。

本当はガスタンクと繋げたバーナー使うんですけどね。
あれは炎の調整が自在に出来るので素晴らしいです。

でもちょっと高いので足踏みしちゃってまして・・・。
いつかは欲しいなと思っているんですけども。

まあ、とはいえ現状最も欲しいのは多少暖かい作業部屋ですね。
クソ寒くて手がかぢかんで、正直ロウ付けとか細かい作業ままならないんですよね。

何かリサイクルショップで買ってこないと・・・・。

自分もロウ付け苦手だし決して人に教えられるレベルじゃないんですけど、
最近はこういう便利なものもありますので、
後々サンプル動画でもUPしようかな、とか思ってます。

カンのロウ付けとかそんな難しくないので、出来ると便利ですからね。
Commented by カルロス at 2017-12-29 19:12 x
はじめまして。

メルカリで売り切れの「狂信者の柩」に一目惚れしたファンです。
知った時点で販売中止になってしまっていたのが悔しい限りです。

私も物作りが好きなのですが、お金に振り回されたくなくて別の仕事をしています。
なのでこのブログにとても共感できました。「趣味」で作られたものには独特の美しさがありますよね。
再販を心待ちにしております。

いきなりの長文コメントを失礼しました。
風邪が流行しているのでお体には十分お気を付けください。
Commented by neko_chair at 2017-12-29 21:31
>>カルロスさん
お気遣いありがとうございます。
実は先日まで風邪気味だったのですが、
今年は確かに流行してますね。
ここ数年引いたことがなかったので驚きました。

実際に作ってみると分かることって結構ありますよね。
「稼ごう」と考えてしまうと本当に制限がかかりますし、
少なくとも「自分の出せる最高」は、
出来なくなってしまう。

矛盾してるし、変な話なんですけど、
本当に妥協無く創りたいから「趣味」で作る。
そんなのもアリだと思うんですよね・・。

一応、修正版の狂信者は1月末あたりを目途に修正版の写真を出したいなと考えております。
もし見かけましたらご検討くださいませ^^
by neko_chair | 2017-12-25 03:36 | ・白銀灯少女 | Comments(2)