ད ŠV Λccessory . - 白 銀 灯 少 女 - . web ŁoĜ ཌ

・私的ブランド制作日誌 & "猫の集う椅子"コミュニティブログ。また、日々の忘備録なども兼ねる。

友人の分を制作してました。

ここ最近、もちろんご予約分も作ってはいたのですが、
去年から中断していた、友人の分を作っておりました。

f0307067_2021163.jpg

以前私の勤めていた業界で今も働く友人なのですが・・。
数年前私がその業界を抜けた際、その友人に
「今後も僕の個人的な作品作りを手伝ってくれないか?」と持ち掛けられました。

当初は時間的な余裕があるだろうと思ったので安請け合いしたものの、
実際にはそんな余裕は残念ながらなく。

また、彫金もその時期から始めたので、
空いた時間は彫金に使うようになってしまい、
結果的には約束を破るような形になってしまっておりました。

彼とは全く関係が悪いわけではないのですけどもね。
普通にチャットなどしてますし。

ただそんなことがあり、私自身はちょっと心にモヤのようなものが残っていたもので、
今回「先駆者の標」を作るに際し、彼に1体送りたいなと思っていた次第です。

べつに罪滅ぼしだとかそういうことではなくて・・。
「君の作品を手伝うことは出来なかったけど、
私は彫金という自分の道を見つけたから、この道を歩いてゆくよ。見ていてくれ」

というような・・・ひとつの意思表示というか、けじめみたいなものでしょうか。

とはいえ、なにぶん作るのが遅いものですし、
私も「あくまで基本はお客様優先」という考え方なので、
大分、後回しになってしまったのですけども・・・。

ちなみに彼は今も同じ業界で働いているようですし、頑張って欲しいです。

人はみんな、人生の中で何かしら「後悔」みたいなものがあると思うんですけど、
私は「ああしておけばよかった」というような後悔は殆ど無いです。

ただ、人に対して「あれは申し訳なかったな」と思っていたことが2つあって。
そのうちの1つが上記の彼に関することでした。
まあ・・本人達にしてみると、
「そんなことあったっけ??」って程度のことかもしれませんが(笑

なんというか、自分が歩き、進む上で何か一点でも後ろめたいことがあるのは嫌で、
「まっすぐ前を見つめ、堂々と肩で風を切って歩く」
・・ような生き方がしたいと思っています。

そのためにも・・・人は間違いをするもので、それは仕方ないですけども、
たとえ後々でもそういった後悔や未練みたいなものは、
しっかり清算しておきたいなと思うのです。


実際にこう・・文章にしてみて改めて感じましたが、
私はのちのち「後悔」するのが嫌だから・・という理由で行動決定していることが、
自分で思っているよりも多いかもしれません。

後悔したくないから好きなことを全てやる、
後悔したくないから人に対して悪くしないよう心掛けるみたいな。



それと、わざわざ書くことでもないのですけども・・・。
鋳造所を買えたことでチェーンのパーツ代もいくらか原価が下がったのですが、
元々どんぶり勘定だったのと、価格のわりに薄利なもので・・。

ちょっと黒字になっているのかもイマイチ分からない次第(白目

たぶん大丈夫だとは思うのですが・・。
チェーンの価格はそのあたりの怪しげな誤差の吸収も兼ねて、
とりあえず据え置きとさせて頂きました。

後々しっかり計算してみようと思っていますので、
もし思ったより利益が出ていそうなら改めて値下げを検討しようかと思ってます。

ちょっとチェーンも高すぎるなあとは思っているもので;



 
by neko_chair | 2018-03-05 21:57 | ・白銀灯少女 | Comments(0)