ギャラリースペースをお借りしました。

群馬県前橋市の駅前にて店舗を構える、
ギャラリー "Art Soup" さんに展示スペースをお借りしました。
f0307067_21232629.jpg

外観から既にお洒落。

個展を出来たりするスペースの他に、常設のレンタルボックスも借りれるギャラリーです。

f0307067_21233587.jpg



昔からレンタルボックスって借りてみたかったのですけど、
私の場合、どうも相性が悪いんですよね。
多くのレンタルボックスは販売における手数料が販売価格の2割なんですけど、
私の作ってるアクセサリーは、そもそも純利が2割なんです。
ですから、価格をさらに上乗せしないと赤字になってしまう。

上乗せするにしても、元が6万円とかだから、7万円以上になってしまいます。
これはちょっと申し訳なさすぎますし、販売前のチェーン調整や打刻などもできません。
そんなこんなで・・本当にレンタルボックスには向いてないんですよね。

じゃあなんで借りとんねんって話なんですけど、
実はこのギャラリーさん "販売無しで展示だけ" でもOKなんです!!!
これには驚きました。
価格も2500円ですので懐にも優しいです。

東京にもそういうところがあればいいんですけどね・・・。
個人的には、細々とでもこれで食べていけたらなとは思ってるんですけど、
ともかく広告というか・・どうやって広めたらいいんだろうと・・・。
「命を撫でる手」のシリーズが出来たら、雑誌に広告だしたりとかも検討してるんですけどね。

ちょっと話はズレちゃいましたけど、
"Art Soup"さんは 企画展 を頻繁に開催してまして・・私はこれに驚きました。

今迄見てきたレンタルボックスは、基本 "作家任せ" な印象でしたから。
「場所は貸すから、あとは頑張ってね」みたいな。
普通の店のように販売はしますけど、それ以上のことはせず・・という印象で。

しかし "ArtSoup" さんは 企画展を毎月のように開催 しているようです。
「企画展と言うことなら1度遊びに行ってみるか」ってなります。
企画展に合わせ 新作 が出ているのも分かってますしね。

なんと言うか、作家さんに任せたり、お客さんをただ待つだけではない、
地域ぐるみでアートに凸撃するような積極性を感じました。


f0307067_21253589.jpg

7月上旬からは「うろこのすきま」という竜のうろこ?をイメージした作品展らしいです。


こういうのは、作家さんにとっても「お題」みたいな感じで刺激になるでしょうね。
ツイッターなど見てみても、ちょっと離れたところからも作家さんが来ているようでしたし、
2~3回お邪魔した際も、色んな方が毎回居て話してました。

そういった様子に "創作熱" を感じたのは確かで、
私はそういった空気を求めていましたから、良いところを見つけたなと感じました。

私自身、彫金を始めたはいいけど、そういった学校や仕事に就いていたわけではないので・・。
現実では周りにそのような知り合いは皆無でした。
まあ・・ネットの方でもあんまり居ませんけどね。

別に創作関係の知り合いが凄く欲しいです、とかでは無いんですよね。
ただ、"創作熱" を感じれる場所が欲しいなと思っていました。

それこそ蔵に籠るように、ほぼ1人で銀を打ち自分の理想と思える高みを目指してきましたけど、
やはり他者のそういった "熱" を感じることは刺激になります。

それは絵画でも服飾でも、なんでも良いんですよね。
造型的なインスピレーションや参考にはならなくとも、燃料となって創作意欲を沸き立たせてくれます。

そんなわけで・・・。
アート・ハンドメイドのGallery "Artsoup"
をよろしくお願い致します。


お客さんだけではなく、創作作家さんたちも是非どうぞ。
Art Soupは "創作作家のための非営利団体" ということで、
そういった作家さんには素晴らしい場所だと思います。


あ、私のブースですが、私物分のアクセサリーを磨き直して置いときました。
耐久テストなども兼ねてわりと頻繁に着用しているので、少しキズとかあるかもしれませんし、
ちょっと仕様も違ったりするんですけど、まあそこはご愛嬌で。

名刺・・というかなんというかも置いときました。
ギャランティも今後はこのデザインにしようと思います。
凝った絵とか印刷しても、名刺とかだと発色悪くて残念なんですよね・・・。

企画展やら何やらと話をしましたけど、
私自身は全くそのあたりには参加する予定がないんで、ほんと置きっぱなしです。
展示内容も新作が出来たときは飾るかもですが、基本変わらないと思います。

参加したいなあという気持ちはあるのですが、
企画展のために複数個新作を創るというのはちょっと無理なので・・・すみませぬ(汗


それと話が前後しちゃいますけど、
販売価格3000円未満くらいだと、レンタルボックスも良いのかなって思います。
ミンネやクリーマで売るにしても、結局、送料で500円くらいかかりますからね。
レンタルボックスなら送料はありませんから相殺されますし。
by neko_chair | 2018-07-04 20:06 | ・白銀灯少女 制作日誌 | Comments(0)
←menu