ད ŠV Λccessory . - 白 銀 灯 少 女 - . web ŁoĜ ཌ

・私的ブランド制作日誌 & "猫の集う椅子"コミュニティブログ。また、日々の忘備録なども兼ねる。

「狂信者の櫃」のリメイク版原型が出来上がりました。

大変お待たせしてしまったのですが・・・。
というかHPの方では近々記事にしますとか言ってたんすけどね。
何故か気付いたら一ヵ月くらい経ってました。

ウンコですんません(´ཀ`

まだ原型なんですが "狂信者の櫃" のリメイク版が吹きあがってきました。

f0307067_19541464.jpg


f0307067_19545695.jpg


f0307067_1955454.jpg


とり急ぎ、鋳造ミスなどが無いか確認したかったので重要部位を軽く研磨。


f0307067_19552423.jpg

10円玉比較で大きさ。
大きさは、製品版では一回り・・・とまではいきませんが小さくなります。
(溶けた銀が固まる過程で縮むため)

パーツ数は全7パーツ+α。
原型なのでバチカン等はもちろん留めていませんが、配置はこんな感じ。

バチカンは、ちょっと分かり辛いですけど、上下とも使用できる構造です。
構造的な共用性があり、
写真で下にあるものを上に着けることも出来ますし、逆もOKです。
両方とも上に付いている大型にすることも出来ます。

大きさは、旧狂信者に比べ2周りくらい大きいです。
重量比では2倍程度、
尖駆者シリーズとほぼ同等の160g前後になる予定です。

また、旧狂信者は中身まで詰まった一体成型でしたが、
今回は中身をくりぬいてその分大きくしましたので、中空となってます。

旧狂信者の櫃は、
お客様からの意見でも「もっと大きくても良い」との意見が多かったので、
この際ドカッと馬鹿デカくしてみました^p^

ただこのあたりがボーダーラインかなとは思うので、
ネックレスの平均重量は150~170gくらいに抑えたいなと思ってます。

「抑えたいな」とかマトモそうなこと言ってますが、
他社の大型と比べても 3倍 くらいなんで、相当重いんですけどね・・。

ここはもうしょうがないというか・・。
このブランドは重さを考えない畜生なんだなあ、
と思って頂けたら嬉しいです。



いや、単純に大きいのが好きというのもあるんですけど、
わりと現実的な心配箏としてあるのが、鋳造ミスなんすよね。
鋳造業者さんには大変失礼な話なんですけども・・・。

造形が大きければ、
鋳造ミスで潰れるということも起きにくいかなーと・・・。

もちろん「めっちゃ造形が潰れてる」とかなら、
保証してくれると思うんですが・・。

「唇の造形が少し歪んでるんだけど」と言ったところで、
却下だと思うんですよね。

でも、当たり前ですけど「顔の造形」が潰れてたら、
商品として出せない。


なんというか・・実損もですけど、
それ、アクセサリーが可哀想やろ。
ぶっ殺すぞ。


いや、ぶっ殺しはしませんけど・・。
最低限、その事故が起こらないであろう大きさを確保したい。
そんなことを考えた結果が、今の大きさなんです。

・・・ということなので、あんまり小型化とかは考えず・・・。
もう大きさ気にせずドンドンいこう!
・・と思いました!(開き直り



そんなわけで大きくなってしまったわけですが・・。

実は"狂信者の櫃"をリメイクするにあたって、
改善したいなと思ってた点がありました。

それが バチカン に関すること。
旧狂信者では、わりとシンプルな輪でした。
やっつけ仕事だったとかではなく、当時はそれしか浮かびませんでした。

一番の原因は本体の小ささで・・。
全体的なバランスを考えると、凝った作りに出来ませんでした。
ただ・・ちょっとシンプルすぎたなとは思っていたので、
リメイク版では根本から作りを変更。

f0307067_2244731.jpg

尖駆者の標【加護】に使っているものとほぼ同じ、
天使の輪をモチーフとしたデザインにしました。
余程太く無ければ、どのようなチェーンでも着け外しが可能です。

また、反対側(下部)のバチカンも、

f0307067_2243291.jpg

穴を大き目にとってありますので、
当ブランドで販売しているチェーンをそのまま通すことが出来、
正十字⇔逆十字の切り替えがいつでも可能になってます。

このあたりは本体が大きくなったからこそ可能になったと言えます。
以前は本体が小さすぎて、
バチカンを大きくするとバランスが悪くなってしまいましたので(汗

・・・・・。

ただ正直なところ、
「もう正十字だけでいいんじゃないか」
とも思ったのですよね。
実際、お客様からの御注文もほぼ正十字だったので・・・。
逆十字は御1人様だけだったように覚えてます。

その逆十字を御註文してくださったお客様には、
ほんと申し訳ないのですけど・・。
賞味な話・・。
「これ、商売として考えると無駄でしかないな・・」
と思ってしまいました。

その "あきらかに求められてない行為" を続けるのか?って話ですよね。
「それ、自己満足の押し付けちゃうか?」って。
そんなことを結構、悩んだりました。

それに、正十字/逆十字両方可能にする・・と言うのは、
構造的にもデザイン的にも間違いなく無理があることで・・・。
どちらか一方にした方が絶対に良いシルエット・デザインに仕上がります。

でも、これは"狂信者の櫃"の根幹的なコンセプトなんですよね・・・。
単なる売れればよい"商品"ではなく、
持ち主にとっての "唯一無二の何か" として考えたとき。
工業製品ではない、大量生産ではない。
自身が一つ一つ想いを込めて溶かし、
削り、磨き作る "白銀灯少女" として考えたとき。

その「商売としては無駄であり、意味の無い行為」は、
実は一番削っちゃいけない "何か" なのかも知れないなー・・。
とか思ったので、そのままにしました。

そのアイテムが持つ物語的なものでしょうか・・。
私もジュディオーガーのバッグが好きなの「ジュディが作ってるから」だし。
なんか言い訳がましいですけども(白目

でも、そういった「アイテムに込められた物語」を考えないのなら、
それこそ神社のお守りとか全く意味の無い布切れですからね。

そういう、見えないものを大切にする気持ちは、
捨てたくないなと。



そんな感じですけども・・・。
優先して進めたいこともあったりしますし、
まだ販売は先になると思いますが、
リメイク版"狂信者の櫃"をよろしくお願い致します。
(ナンバリングは旧狂信者の最終ナンバーから引継ぎになります)




ほんとは製品版出来てから載せるべきなんでしょうけども、
待たせまくってるんで・・。
欲しいものあるのに気になって待ってて、
買えなかったら申し訳ないなとか思いまして。

これでどんなんだか大体は分かったと思いますんで、
「こんなん要らねえから他ブランドの奴買おwwwwwwwwwww」
とかも出来ますしね?!
by neko_chair | 2018-07-18 22:25 | ・白銀灯少女 | Comments(0)