今後のブランド運営について

明けましておめでとうございます。
ちょっと色々あって半年程お休みしており、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
単純に仕事が忙しかったというのが主な理由なのですけども・・。

以前「お知らせ」の方でも少し触れましたが、どうにも採算が取れなく、
継続していくことに疑問やストレスを感じてしまっていたと言うのが大きかったです。
そのあたりを含めて、順を追ってまとめていきたいと思います。


・採算が取れなくて継続が困難になってしまいました。
採算が取れないというと、普通「売れ行きが芳しくなかったか・・・」
と連想させてしまうと思うのですが、そういうわけではありません。

いやまあ、実際そんな売ってないのですけども・・。
ただ、ここまで重量級のアクセサリーですと身につける方も限られてきますし、
最初から数多く販売しようとは思っておりませんでした。

しかし、例えば「狂信者Ⅱ」を創るのに掛かった費用を回収するのに、
数ヶ月~半年掛かってようやく最初の制作費が回収出来るという感じでして・・・。

これは、ちょっと非現実的だなあ・・・と思いました。

そういった問題も、専業彫金師でキチンとした販路・製作時間が用意出来ていれば、
さほど問題ではないのかもしれません。

けど「白銀灯少女」の場合、僕が暇を見て創っているだけなので、
その作業時間の少なさからの、決定的な"生産力の低さ"がネックになりました。
生産力の低さ、というのは、お金を生み出す力が低いということですね。
まあ趣味なので当たり前なんですけども(苦笑

ただ、その生産力に対し、新作の制作費があまりに高すぎたという話で。

それに加え現行モデルも問題があり、
お金は掛かるけど作り直したい、という気持ちが積み重なっておりまして・・。
「ちょっとこれは続けていけないな」と感じ、急遽休止させてもらってました。

手前勝手なようで申し訳ないのですけど、
私は「継続」こそが最も大切なことだと考えております。

「ツラい、けど続けなきゃ」も、仕事なら仕方ないのですけど、
趣味でそれが続くようだと、今度はその趣味自体を続けられなくなってしまいます。
趣味ですから、やってもやらなくても良いわけですしね。

ただ、止めたり、嫌いになりたくはありませんでした。
ですので、とりあえずこの問題が解決するまで彫金は休止致しました。
"続ける"ために休止しました。


・新しい機材を導入
それでは「続けるためにはどうしたら良いか?」なのですが、
兎も角、新作の制作費の高さがネックになっていることは確かなので、
そこをなんとかすれば全く問題はなくなります。

ですから、その「お金のかかる部分」を「自身でやろう」と考えまして。
夏から秋に掛け、機材を調べたり揃えたりしておりました。

その間もアクセサリーを創って欲しいという依頼はあったのですけども、
自分自身、全く創る気持ちになれませんでした。
申し訳ありません。


・その機材がイマイチ使えなかった。
そんなわけで、年末にかけて新しい機材を購入したのですが、
まあなんというか非常にツイていない話なのですが、それが上手く動きませんでした。

原因がマシン側にあるのか、僕にあるのかは正直わかりませんでしたが、
とりあえず販売元の方が診てくれるということで、現在一度送っております。


・今後の予定
で、一応「マシンが治った場合」の前提なのですが、現行モデルは全て創り直す予定です。
リメイク版が出来次第、HPに乗せていきます。
あくまで"改修"ですから、一から創るわけではありませんのでペースは早いと思います。

ただ作り直すといっても、ここは間違えないで欲しいのですが、
現行モデルに不満があっただとか、出来が悪いだとかではないです。
むしろ逆で、突き詰めすぎたせいです。

鋳造から上がってきた製品でぼくが一番心配なのが、下画像の○で囲まれた部分なのですが
今後のブランド運営について_f0307067_22270336.jpg
丸カンとかを着けるハンガー的な部位ですね。
こういった部分がですね、鋳造の度に毎回変形したり潰れてるんです。

もう少し太く創ればよかったのですけど、
僕自身、現行モデルは彫金を始めて間もない時に創ったものですから、
「製品化した際、どの位の太さが必要なのか」のような、経験による推測が出来ませんでした。
その結果、自分の理想的なデザインで創ってしまったのですけど、
あまりに繊細過ぎて、鋳造段階で歪んだり潰れたりということが頻発しました。

それを毎回、曲げ直したりしているのですけども・・「歪んでる」程度なら良いのですが、
「崩れてる」「消えてる」とかが起こるとどうしょうもないです。

元々が薄利なものですから、不良品が混じっていると受注数回分の利益が唐突に吹き飛びます。
これは物凄くモチベーションが削られるのですよね・・・。
しかもそれが毎回起こる可能性を孕んでいるわけで・・地雷原を散歩しているような気分です。
ちょっと精神的に創り続けられないなと思ってしまった次第で。

元々「儲けよう」などとは思ってないのですが、
損をし続けるというのは、=継続出来ない、ということ。
先にも触れましたが「継続する」は何より優先して考えるべきことで、
何事も「継続ありき」だと思うのです。
なので、一度そのあたりの修正を含め、リメイクすることにしました。

・・・そんなわけで、現行モデルは今後生産する予定はありません。
お持ちのお客様は、極少数、たかだか数体分しか世の中に存在しない、
これから増えることも無いアクセサリーですので、大切にして頂けると幸いです。

単純に廃盤にして終わりというモデルもありますので、そちらもご了承くださいませ。
「破砕」などがそれに当たります。
こちらは単純に創るのが大変過ぎました。

狂信者リング、終天者リングもちょっと検討中です。
ただ、修理などはもちろん継続して行いますのでご安心ください。




■まとめ
・採算が取れなくて続けられなくなった。
・採算を取り継続していくため、新しい機材を導入した。
・その機材が上手く動かなかったので、修理中。
・機材が治り次第、全モデルのリメイクをしつつ、新作も創って行く。

そんな予定です。
まあ機材直らなかったら終わりなんですけども(白目

これからもどうかよろしくお願い致します。

HPにつきましては、一応近日中に復旧の見込みです。
ちょっと契約が切れてしまいました・・。
復旧はしましても、受注はお受け出来ませんので、申し訳ないのですがよろしくお願い致します。

by neko_chair | 2020-01-21 22:42 | ・白銀灯少女 | Comments(0)